「フフフフ、それだけです」月城かなと(『ダル・レークの恋』千秋楽)

月組 シアター・ドラマシティ公演『ダル・レークの恋』が3月21日に千秋楽を迎えました。
今日はその模様です。

月組 シアター・ドラマシティ公演 千秋楽 『ダル・レークの恋』

盛りだくさんのダイジェスト映像

千秋楽ですので、お芝居もまんべんなくラストシーンまで見せてくれました。

れいこちゃん(月城かなと)が突撃レポートで一番好きな場面だと話していたプロローグの2曲目、カマラとのデュエットダンスの場面もありました。

二人笑顔で見つめ合って幸せそうでした〜

あとはあの、円形ベッドのシーンが!

いや〜、暗転する前のれいこラッチマンのエロい顔が見られました。

これは見た方のキャーキャー言う声が聞こえてきそうです(笑)

それと、NOW ON STAGEで話していた今回新たに加わった新曲も今日の映像ではありました。
ほんの少し流れただけですが、新しい感じの素敵な曲のようです。

欲を言えば、ラッチマンの名台詞「来るんですか?来ないんですか?」が見たかったな〜

あ、初日の映像では入っていたんでした。

でももう一度千秋楽でも流してほしかった。
それと、うみちゃん(海乃美月)が一番好きな祭りの場面も無かったのが残念。

初日の模様
月城かなとのラッチマンの美貌♡とゆる〜いカーテンコール)

今日のダイジェスト映像では、インドの軍服にターバン姿と、パリでの無頼漢の時のタキシードに白マフラーで短髪黒髪姿の全く違うラッチマンが見られて嬉しかったです。

それにしても、れいこちゃんの美しさには脱帽です。

今のタカラジェンヌで一番軍服にターバンの姿が似合うんじゃないでしょうか?
そして、スッと立っているだけでもオーラが半端ないと思います。

フィナーレの新しいダンスナンバー

フィナーレもおそらく全場面少しずつ入っていたんだと思います。

今回の再演で新しくなった大勢のダンスナンバーもすっごくカッコよかったです。

谷貴矢先生の愛情たっぷりの新人公演メンバーだけのダンスの場面、男役も娘役も同じすごくカッコいい振りを踊っていて、そして楽しそうにイキイキした表情で踊っているのを見て、ぐっとくるものがありました。

突撃レポートで話していたように、れいこちゃん達上級生もそばで見ていて感動していたんでしょうね〜

最後の『真珠のデュエットダンス』もれいこちゃんとうみちゃんが幸せそうな笑顔で踊っていました。

プロローグだけでなくこのダンスも、お芝居では別れてしまう二人がもしかしたらこんな風に幸せになれたかもしれないと思わせてくれる素敵なシーンだと思います。

カーテンコールでの月城かなとの温かさと面白さ

れいこちゃんのカーテンコールのご挨拶で印象に残ったのが、

「下級生まで本当に毎日楽しそうに舞台に立ってくれたのが何より嬉しかった」

「真面目過ぎるがゆえにいつもは私なんてと引っ込んでしまう子たちが、フィナーレナンバーでお客様から拍手をいただいて、この公演で自信を持ってくれたら嬉しい」

と話していたこと。

下級生達の成長を見守る上級生の顔になっていました。

そして、それを言った後の照れ笑いが本当にれいこちゃんらしくて微笑ましい。

 

その後は、すぐ後ろにいらっしゃる専科のみとさん(梨花ますみ)を振り返り、

「雪組時代からお尻を叩いていただきまして、ここに立って居られるのはみとさんの叱咤激励のおかげです」

と話した時は下級生の顔になっていました(笑)

だけどなぜかそれを話す時も「へへへへ」と笑いながらなので、舞台上も客席も大笑いしながら聞いているというのが、これまたれいこちゃんらしい(笑)

きっと照れくさいんでしょうね〜

そして「いや〜、胸がいっぱいですよ」と言ったあと

「フフフフ、それだけです」

と言うので、またまた皆んな大笑い。

次のカーテンコールで「皆様にご報告がございます」と言い出したので何事かと思いました。

『えっ、何か重大発表が!?』と身構えましたら、なんと
「真実の愛を求め続けたラッチマンがようやくまことの愛を見つけることができました」って!

とここでためて…

「皆様の瞳の中に燃えていました〜!」と主題歌の歌詞を引用しての発言。

他の組子達が「キャーっ」「ヒュ〜〜」と大喜び。

ということで、「出演者全員から愛情を贈ります」とこれもラッチマンの台詞を引用して言い、全員からの投げキッスでした!

最後のカーテンコールでは、

「今日までなので、ダルレークから浮上してくださいね」と。
これはそれまでのご挨拶で「ダルレークに沈んでください」と言っていたのへの返しですね〜

そして、最後の最後は全員で「サヨナラッチマ〜ン!」でした。

これも毎回ご挨拶で「クラクラッチマン」とか「まっくラッチマン」とか最後が“ら”の言葉にラッチマンを付けて言っていたのの集大成でした。

と終始大笑いのカーテンコールでした。

れいこちゃんって、あんな美しい真面目そうな顔をしているのに、本当に面白いんですよね。

それはスカイステージの番組に出てるのを見て知ってはいましたが、カーテンコールでもこんなに面白いとは(笑)

そして、照れ隠しにすぐ笑いに持っていってしまうけど、心の中は本当にあったかいんですよね。

そんなれいこちゃんのことが組子の皆んなも大好きなのが伝わってきます。

このオーラと優しさとそしてユーモアのセンスを見ると、トップスターとしての資質は十分だと思います。

次期月組トップ男役の発表はもうそろそろかな〜?

きっとれいこちゃんなんだろうと期待して発表を待ちたいと思います。

 

本日のタカラヅカニュース一覧

月組 シアター・ドラマシティ公演 千秋楽 『ダル・レークの恋』
New

SKY REPORT
花組 宝塚大劇場公演 『アウグストゥス-尊厳ある者-』 稽古場レポート

Stage Side Watch
星組公演 『ロミオとジュリエット』 役替わりトーク 愛月ひかる・瀬央ゆりあ Part2

Shiny!! 花組 湖春ひめ花
New

Shiny!! 花組106期 湖春ひめ花

「こはるひめかです。愛称は『まなみん』と『こはる』です」

サインは音楽学校生の時に同期生と考えたそうです。
今特に頑張っていることはエネルギーあふれる力強い歌を歌うことだそう。

「花組生の一員として私も皆様に少しでもパワーをお届けできるよう、精一杯頑張ってまいります!」と初々しく話してくれました。

  

読んで頂き、ありがとうございました。

ブログランキングに登録しました。ポチして頂けるとうれしいです。

ポチの先はブログランキングなので、他の宝塚歌劇のブログをご覧になれます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 


宝塚歌劇団ランキング