退団を控えた珠城りょうと月組組子との心の絆(アフタ〝ムーン〟ティー with りょう)

8月15日の退団日を控えて、スカイステージでは珠城りょうの関連番組がいろいろ放送されています。
7月17日には宝塚ホテル移転開業1周年を記念した特別番組が放送され、MCに樹里咲穂さんと一緒にたまきち(珠城りょう)が楽しいトークを繰り広げました。

『アフタ〝ムーン〟ティー with りょう』

宝塚ホテル開業1周年記念番組と銘打っていますが、番組の冒頭に支配人の憧花ゆりのさんが登場してご挨拶された以外は、ほとんどたまきちの退団に関する番組でした。

番組内容は樹里さんとたまきちのトーク、ラジオブースに見立てたセットに移動して以前に樹里さんが担当していた番組『JURIの宝塚音楽同好会』を再現するようなコーナー、そして月組の男役4人をゲストに呼んでのコーナーなどでした。
最後にたまきちが宝塚ホテルのオリジナルドリンクを考えるというコーナーもありました。

月組男役との絆

ゲストにたまきちと縁の深い月組男役を呼んでのコーナーで、それぞれとたまきちとのエピソードが語られました。
学年の近い組子たちで、新人公演を共に作ってきた深い縁がある人ばかり。
楽しいエピソードやグッとくるエピソードがありました。

紫門ゆりや

ゆりちゃんはたまきちとは3期違いですが、長く新人公演を一緒にやってきたので縁はとっても深いですよね。

まず出会いは二人とも愛知県出身ということで、たまきちの入団時に挨拶したのが始まりだったようです。

そして、『スカーレット・ピンパーネル』の新人公演で、パーシー役のたまきちとショーヴラン役のゆりちゃんでアドリブのお稽古をしていた時の話。

どうしてもたまきちが笑ってしまってなかなかお稽古が進まないとなって、しまいにたまきちは泣き出してしまったんだそう。
自分が笑いを抑えられないせいで上級生のゆりちゃんに迷惑かけてしまうと思って泣いてしまったらしいです。
たまきちの真面目で可愛い性格を表しているエピソードですね。

輝月ゆうま

まゆぽんのとっておきエピソードは、お稽古場でしょっちゅうたまきちを盗撮している話でした。

その写真をたまきち本人に見せたり、他の組子に「こんな素敵な珠城さん」として見せたりしてるんだとか。
まゆぽんはたまきちのストーカーだったんですね〜(笑)

あと、まゆぽんはたまきちからロングコートを形見分けにもらったそうです。

そして、まゆぽんはたまきちの事をずっと「スーパーマン」と呼んでいて、誕生日には毎年スーパーマングッズをプレゼントしていたんだそう。
しまいにはまゆぽんが自分で珠城の“T”をアップリケで胸に付けた「ティーパーマン」パーカーを手作りしてあげたんだとか。

たまきちはそれがすごく嬉しかったと見えて、すごく感激した口ぶりで語っていました。
いつかファンにもお披露目したいと言っていました。

暁千星

ありちゃんは宝塚大劇場の千秋楽で『フォーエバー・タカラヅカ』を全員で歌いながらたまきちが銀橋を渡った時に大号泣してしまったそうです。

その前にもショーの黒燕尾でたまきちと絡む時にグッときてたそうで、それをたまきちに暴露されてましたが、その時の比じゃないほど泣いてしまったとか。

たまきちの魅力を語るコーナーで、今回のショーでたまきちにリフトされるのですがそのリフトがしっかりしているというエピソードを挙げました。
ありちゃんの方が大きいのに日に日に高く上がってて、アトラクションのようで楽しいそうです(笑)

たまきちの意外な一面ではきゅうりが好きだと教えてくれました

そして、一日珠城りょうになれるならBADDYがやりたいそうです。

それを大はしゃぎで言うありちゃんが可愛かった。
「珠城りょうの魅力を五・七・五で」というお題では「きゅうり好き そこも魅力の 珠城りょう」でした(笑)

風間柚乃

たまきちのエピソードとして、銀橋に行く前に手の平に香水を付けていると明かしてくれました。

それに対してたまきちはもう一つ教えてあげると、銀橋に行く前はお客様が自分の足元より低い位置にいるので、靴の裏に香水を付けると話してくれました。

かつてのトップさんがやっていたという話を前に聞いて、それ以来自分もやっているそうです。

これからおだちんもやるんでしょうね。
そうやって受け継がれていくんだな〜

おだちんがたまきちに言われた名言として、新人公演で主演をした時に「自分が置かれている立場に感謝して、心豊かにしてね」ということを言われた事を挙げました。

その話を聞きながらたまきちは「(自分が)えらそう」って恥ずかしそうにしていましたが…(笑)

「珠城りょうの魅力を五・七・五で」では「肩幅で 月組守る スーパーマン」とすごくうまいこと言いました。
まゆぽんの時にスーパーマンの話も出たから、すごくタイムリーでもありました。

光月るう

るうさんはこの番組には出ませんでしたが、ラジオブースのコーナーで視聴者からのメールに混じってるうさんからのメールが紹介されました。
「親戚のおじちゃん」というペンネームでした(笑)

内容は「ショーの黒燕尾の時に何人かの男役とたまきちが絡んでいくシーンで、自分がたまきちのおでこの汗を拭く時の下級生のような可愛いさを独り占めしていいですか?」というものでした。

実はあのるうさんがたまきちの汗を拭くというのは羽山紀代美先生の振り付けなんだそうです。
それまでずっと出ずっぱりで踊りっぱなしのたまきちが汗だくなので、羽山先生がそんな提案をされたんだそう。
私も観劇した際、あのるうさんが汗を拭く仕草がすごくあったかくていいなと思っていたのですが、あれはるうさんのアドリブではなく振り付けだったんですね〜

羽山先生のたまきちへの愛情も感じましたし、るうさんがたまきちのその時の可愛らしい笑顔を独り占めしているという二人の関係性にもキュンとしました。

愛されるトップ男役珠城りょう

番組の最後に樹里さんも言ってましたが、ゲストの4人の話や視聴者からのメールで、いかにたまきちが皆んなから愛されているかをひしひしと感じました。

視聴者へのご挨拶で「8月15日の千秋楽までまだまだ男役としても舞台人としても進化していきたい。あたたかく見守っていただけたら嬉しい」と話していたたまきち。

私もあと1回月組公演を観劇しますので、たまきちのその進化を見届けたいと思います。
応援していますよ〜

  

読んで頂き、ありがとうございました。

ブログランキングに登録しました。ポチして頂けるとうれしいです。

ポチの先はブログランキングなので、他の宝塚歌劇のブログをご覧になれます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 


宝塚歌劇団ランキング