柚香光主演『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』が終わってしまいました

花組『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』の梅田芸術劇場メインホール公演が2月9日に千秋楽を迎えました。
今日はその千秋楽の模様が放送されました。

花組 梅田芸術劇場メインホール公演 千秋楽
『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』

ダイジェスト映像は2幕のドタバタの場面から

まずは、華ちゃん(華優希)演じるビリーやあきら(瀬戸かずや)演じるクッキーが、れいちゃん(柚香光)のジミーとひとこちゃん(永久輝せあ)のアイリーンとの結婚式を邪魔するギャグ満載のシーン。

そして、ビリーがジミーから離れて自分一人でも生きていけると言うのに対して、ビリーが引き留めようとするシーン。

五峰亜季さん演じるジミーのお母さんが現れて、実はそのお母さんが密売人のボスだったというどんでん返し。

おまけに汝鳥伶さん演じる警察署長とアイリーン、クッキーと鞠花ゆめさん演じるアイリーンのおばさんがくっついてしまうというびっくりなシーン。

などなど、もう全部見せちゃいます的な大サービスのダイジェスト映像でした!

千秋楽のご挨拶で言葉につまった柚香光

この公演も東京国際フォーラム公演の初日から梅田芸術劇場メインホール公演の千秋楽まで約1ヶ月間、一度も中断すること無く無事に終わったことに安堵し、感極まったのか、何度か言葉に詰まっていたれいちゃんでした。

その表情に見ているこちらもグッときました。

「心躍る一期一会を本当にありがとうございました!」

と言ったれいちゃんの晴れやかでそれでいて感極まった表情がなんとも言えませんでした。

専科のお二人への温かい言葉

2回目のカーテンコールで、専科の汝鳥伶さんと五峰亜季さんを改めて紹介したれいちゃん。

今回お母さん役をした五峰さんについては、「自分は本当にこの方から生まれてきたんじゃないかと思う位、大きな愛情で包んで下さった」と言った後、お稽古の最初に五峰さんから言われた言葉を披露してくれました。

「この公演中は息子だと思って思い切り甘やかすけど、公演が終わったら忘れて他人になるよ」と。
そして「どうか忘れないでください」と五峰さんに言っていたのがすっごく可愛くて微笑ましかったです。

そして、お話の流れからすると汝鳥伶さん演じる署長はアイリーンと結ばれるので、自分の義理の弟になると(笑)
そう言われてれいちゃんに向かって「お兄さん」と呼ぶおちゃめな汝鳥さんでした。

ベッドルームの場面では心を温めてもらっていたと嬉しそうに話すれいちゃんもおちゃめでした。
舞台上も客席もほんわかした温かい空気に包まれていたようでした。

「負ける気がしない!」

「音楽と笑いとエンターテイメントの世界とはこんなにも心と体に活力を与えてくれるものなんだとひしひしと感じていた」と言うれいちゃん。

そして、「もう負ける気がしないです」って。

隣から「何に?」って訊かれたのかな〜?
「まあそれは…」って笑っていましたが、何もかもに負けないってことでしょうね。「かかってこい!」的な感じかな?(笑)

確かに素晴らしい音楽に包まれて明るい笑いに包まれて素敵なエンターテイメントの世界に包まれていたら、免疫力も上がるしコロナだって寄せ付けないような気がします。

このご時世だからこそ、エンターテイメントは必要不可欠ですよね。

私はこの作品大好きです

実はTwitterを見ていると、れいちゃんファンの間でも賛否両論だったこの作品。

話の展開や台詞にちょこちょこ気になるところはありましたが、とっても面白かったですよ。

確かにジミーは最後までダメ男だったし、いろいろツッコミどころ満載なオチでしたが、それでもジミーはビリーへの恋心には誠実だったし、れいちゃん自身がジミーというキャラクターを愛して、楽しんで演じているのが伝わってきたので、私はこの作品とても好きです。

ジミーは今までれいちゃんが演じてきた役とは違いすぎるダメ男でしたが、とても魅力的な愛すべきキャラだと思うし、どんな役でもれいちゃんなら魅力的な役にしてしまうな〜と思いました。

そして何より、れいちゃん自身がジミーという役を愛しているんだと思わせてくれました。
私はれい華コンビの代表作になる作品だと思います。

 

本日のタカラヅカニュース一覧

花組 梅田芸術劇場メインホール公演 千秋楽
『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』
New

花組 宝塚バウホール公演 千秋楽 『PRINCE OF ROSES-王冠に導かれし男-』

おたからプレイリスト 雪組 縣千

Shiny!! 宙組 波輝瑛斗
New

Shiny!! 宙組106期 波輝瑛斗

「なみきえいとです。愛称は『エイティ』です」

サインは大好きな先生が彼女をイメージして作ってくれたそうです。
なかなか凝ったサインですね。

今特に頑張っていることは歌だそう。
「私がこれまで宝塚の舞台からもらってきた夢や感動、明日からも頑張ろうという気持ちをこれからは私がお客様にお届けできるように精一杯頑張りますので、どうぞよろしくお願いします」と元気よく爽やかに話してくれました。

波輝瑛斗くんは月組のちなつちゃん(鳳月杏)と似ていると話題になった初舞台生ですね〜
今回見て本当にそっくりだな〜と改めて思いました。
『YStagram』のコーナーでちなつちゃんと二人で写真を撮っていたのを思い出しました!

『ピガール狂騒曲』”もしもstagram”が最高です!

  

読んで頂き、ありがとうございました。

ブログランキングに登録しました。ポチして頂けるとうれしいです。

ポチの先はブログランキングなので、他の宝塚歌劇のブログをご覧になれます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 


宝塚歌劇団ランキング