華優希、退団公演最後の言葉(花組東京宝塚劇場公演千秋楽)

7月4日に花組東京宝塚劇場公演『アウグストゥス』『Cool Beast!!』が千秋楽を迎えました。
私は残念ながらライブ配信を見られなかったので、タカラヅカニュースで放送されるのを心待ちにしていました。

華優希の宝塚最後の姿

退団ご挨拶の時華ちゃんは宝塚大劇場と同じく髪飾りはお花ではなく娘役が正装する時の緑のリボンを髪に付けていました。

最後までタカラジェンヌとして、娘役として正装でいたいという気持ちだったのでしょうか。
いつかどこかで緑のリボンを選んだ理由を語ってほしいなと思いました。

お花渡しは組からはもちろんれいちゃん、そして同期からは宝塚大劇場と同じくおとくりちゃん(音くり寿)が渡していました。

華優希の退団ご挨拶

華ちゃんの退団ご挨拶はまずは千秋楽の舞台とサヨナラショーを観劇していただいたことへの感謝の言葉から始まりました。
そしてこのような状況の中、連日たくさんのファンに来場してもらい感染対策に協力してもらったことへの感謝の言葉もありました。
その後は、

「誰かに導いていただくことでしか上手く前に進めない自分を、未熟な自分を恥ずかしいと思うこともありました」

「自分が想像していたよりもはるかに多くの方々が温かい思いで見守ってくださり、支えてくださっていたことにあらためて気付かされました」

「多くの方に導かれてここまで来られたこと、信じたいものを信じ続けさせてくださる皆様に支えられて、今ここに立たせていただけること、その全てが心から誇りに思えると胸を張って言えます」

と話しました。

そして、

「大好きな花組の皆様と舞台に命を燃やして生きさせていただいたこと、お客様と共有できた時間、たくさんの景色を見せてくださった心から尊敬する相手役さん」

と言ってれいちゃんの方を見ました。

「全ての時間が過ぎ去ってしまうことに寂しさは否めませんが、この全てのかけがえのない時間を胸に明日からも生きていきます」

と力強く話しました。

そして、最後は…

「たくさんの愛をくださったすべての皆様にたくさんの幸せが訪れますよう、心から祈っております。本当にありがとうございました」

と締めくくりました。

カーテンコールでの退団者一言で

恒例の退団者の一言で

「ここ近年いろいろな事を経験させていただけて、だからこそ得られたものが本当に大きかったなと感じます」

「本当に柚香さんと同じ時代に生まれてきてよかったです」

とれいちゃんに向かって話した華ちゃん。
れいちゃんから「3年ずれてたら分からないもんね〜」と言われてちょっと固まっちゃいましたがw、

「本当に幸せでございます」

と客席を向いて言った華ちゃんに、
れいちゃんが

「はい、もう私の自慢のお嫁さんですので」

と華ちゃんを見つめながら言ったので、組子から「フ〜〜〜」とはやされてました。

華ちゃんは持ってるお花で顔を隠しちゃいましたが、とっても幸せな空間でした。
華ちゃん、よかったね〜

退団ご挨拶を聞いて

下級生の頃はどこか自身無さげで、なかなか自分を前に押し出せなかった印象の華ちゃん。

でも人一倍努力家で、そんな華ちゃんの努力する姿を周りの人たちが見守って応援してくれたから、華ちゃんはキラキラと輝く事ができたんですよね〜

華ちゃんの退団ご挨拶を聞いて、先日の卒業インタビューを思い出しておりました。
これだけ華ちゃんが皆んなから愛されたのは、華ちゃんが努力し続けたからですよ。

華優希、愛されるべくして愛された花組トップ娘役(卒業インタビュー)

そして、その努力する華ちゃんをすぐそばで見守り、一緒に切磋琢磨し続けたれいちゃんの存在が、またさらに華ちゃんを大きくしたんだと思います。

れいちゃん主演で『はいからさんが通る』が上演されると知って絶対に紅緒役を勝ち取りたいとオーディションに臨んだ華ちゃん。

そのオーディションで美空ひばりさんの『心ブラお嬢さん』を体当たりで歌い、役を勝ち取ったんでした。

そこから華ちゃんの快進撃が始まったんだな〜と思うと、すごく感慨深いです。

その後、『ポーの一族』のメリーベル役で注目され、明日海りおさんの相手役としてトップ娘役に就任した『A Fairy Tale -青い薔薇の精-』のシャーロット役で演技を絶賛されました。

そして、その後柚香光プレお披露目公演の『DANCE OLYMPIA』かられいちゃんの相手役になりました。

それから『はいからさんが通る』『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』そして今回の『アウグストゥス/Cool Beast!!』

二人がトップコンビを組んだ期間は長くはなかったですが、本当に密な濃い時間だったと思います。
(『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』の時タップダンスに苦戦する華ちゃんにれいちゃんがつきっきりでお稽古したというエピソードが思い出されます)

それがれいちゃんの「私の自慢のお嫁さんです」の発言に繋がったんだと思います。

これから宝塚を卒業して外の世界に巣立つ華ちゃん。
きっと宝塚で勝ち得た自信を胸に、新しい世界でも活躍してくれると期待しています。
応援していますよ!

  

読んで頂き、ありがとうございました。

ブログランキングに登録しました。ポチして頂けるとうれしいです。

ポチの先はブログランキングなので、他の宝塚歌劇のブログをご覧になれます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 


宝塚歌劇団ランキング