礼真琴が語った『VERDAD!!』 のここが見逃せない!(突撃レポート)

今日は七夕ですね。
こっちゃん(礼真琴)も話していましたが、『VERDAD!!』が開幕してからずっと雨続きでした。
でも今日は少し晴れ間が出ているようで、織姫と彦星も逢瀬を満喫できるかもしれませんね(笑)

そんな七夕の今日、『VERDAD!!』の突撃レポートが放送されました。

星組 舞浜アンフィシアター公演 『VERDAD!!』 突撃レポート

『VERDAD!!』の終演直後、出演はMCが星組スカイ・レポーターズのいーちゃん(音咲いつき)、そしてこっちゃんとなこちゃん(舞空瞳)の3人です。

コロナ禍でなければここに絶対せおっち(瀬央ゆりあ)もいたのに〜と思うとすっごく残念。
3人で開幕したばかりの『VERDAD!!』のいろんな見どころを語ってくれました。

第一幕は『THE宝塚』と同期コーナー

第一幕はバックに過去の映像が流れる中、星組の過去の作品の曲を歌っていきます。

お客様と一緒に星組の歴史を振り返っていくのが感動するのとともに身が引き締まるそうです。

峰さを理さんコーナーでは、振り付けの先生が映像の中の峰さんのお顔を見ながら歌っていいよと言ってくださったので、お客様に背中を向けちゃうけど映像をしっかり見ながら歌っているそうです。

峰さんを感じながら歌うこっちゃんの歌に感動できそうですね。

その後も怒涛の星組メドレーで、映像を見ながら懐かしい公演を思い出しながら、今の星組生たちのパフォーマンスを楽しむことができるようです。

そして、一幕の最後は『ノバ・ボサ・ノバ』メドレー。
ラストのこっちゃんの『シナーマン』は「すごい!」そうです。

こっちゃんはそれまで皆んなが温めてくれているからだと謙遜していましたが、それは絶対にすごいだろうなと想像できます。
あの『シナーマン』のロングトーンの絶唱を早くこっちゃんの声で聴きたいです。

もう一つ一幕で見逃せないのがこっちゃんとせおっちのデュエットですね。
なこちゃんが大好きな場面と言ってました。

こっちゃん曰く

「二人のタイプからすると自分が女になってもおかしくないのに、よくぞ大介先生は瀬央さんを女にしてくれた」

って。

これまで藤井大介先生のショーではほとんどでこっちゃんは女役をやっていたので、今回もヒヤヒヤしていたんだとか。
それをせおっちが担ってくれたので、「本当にありがとうございます」とせおっちにお礼を言ってました(笑)

ここでは話が出ませんでしたが、あの場面のせおっちのカツラはいろんなパターンがあるそうです。
そして、デュエットダンスの後の同期トークも楽しみなんですよね〜

第二幕は礼真琴にしかできない『THE コンサート』

第二幕はいーちゃん曰く

「ことさんの魅力がいっっっぱい詰まった、ことさんにしかできないコンサート

こっちゃんはどこからどうやって声を出しているか自分でもわからず、その時の溢れ出る感情と音楽に乗っかって歌っているそうです。

なんかそんな境地に至ってしまっているということなんでしょうか〜?

初日の映像でちょこっと流れたのを見ただけでも、こっちゃんの素晴らしい高音に感動したので、早く全曲聴きたいという気持ちが増してきました。

それとセクシーな和風の場面があるそうで、なこちゃん除くw女子たちがこっちゃんの周りで「私が私が」とアピールしてくるので、こっちゃんはゾワゾワワクワクするそうです。

もしかしたらMISIAさんの『砂の城』を歌う場面なのかな…?

なこちゃんはその場面には出てないので、なこちゃんがいない間にと女子は本領発揮でアピールするそう。
なんとなく想像できます(笑)

なこちゃんはその場面にはいないので妬いているそうですが、その後ちゃんとこっちゃんと結ばれるそう。

こっちゃんがせり上がって来てなこちゃんが振り返った時に「本当に王子様が現れた♡」と衝撃を受けたそうですよ。

その話をするなこちゃんの興奮度合いがすごくて笑っちゃいましたが、それを聞いてるこっちゃんの引き具合にも笑っちゃいました!(笑)

でも、なこちゃんの様子を見てたらその王子様なこっちゃんにも乞うご期待ですね。

コントコーナーも見逃せない

礼真琴の連想7の柴犬

毎日私がTwitterで楽しみにしているコントコーナー。

いーちゃんが「コントをさせていただいている」と言ったらこっちゃんは「あれはれっきとしたお芝居ですから」って(笑)

NOW ON STAGEでもそう言ってましたね。

「こちらはいたって真面目にさせていただいております」

ですって(笑)

お稽古場では誰も笑ってくれない中一生懸命練習していたので、「けっこう辛くてメンタルやられた」とか(笑)

「会場に来てみたらお客様が温かい笑いを届けてくださるので、なんとかここに立っております」

と言ってました。

ちらっと見ただけですが、確かにあれを笑いのない中でやるのはかなりきつそうです(笑)
お客さんの笑いあってのものですもんね〜
いや〜、それにしてもあのコント、もとい”お芝居”のコーナーも楽しみです。

ライブ配信がますます楽しみになりました

ここで話を聞いているだけでも本当に盛りだくさんですね。
あと話していたのが、コンサートにはつきもののトロッコに乗って会場を回る演出。

今回はコロナ感染予防のため、アクリル版に囲まれたトロッコになっちゃったそうですが、会場の後ろの方まで行くので、お客さんは嬉しいだろうし、こっちゃんも嬉しいそうです。

そして、最後にYOASOBIさんの『夜に駆ける』を歌った後に皆んながすっごく良い笑顔で自分の方を向いてくれるのが幸せでたまらないそうです。

その皆んなの笑顔を独り占めって言ってましたが、それを見ている幸せそうなこっちゃんを見るのも楽しみです。

本当は会場で生で観られたらよかったんですが、チケットの争奪戦にあっけなく敗れました。
なので、ライブ配信でしっかりと楽しませていただきます!

  

読んで頂き、ありがとうございました。

ブログランキングに登録しました。ポチして頂けるとうれしいです。

ポチの先はブログランキングなので、他の宝塚歌劇のブログをご覧になれます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 


宝塚歌劇団ランキング