月城かなと、抜群の安定感を見せてくれました!月組 宝塚大劇場公演 千秋楽

11月が始まり新しい週も始まりました。
今週の司会は宙組の秋奈るいと小春乃さよです。

今日のタカラヅカニュースは昨日千秋楽を迎えた月組公演の模様をさっそく放送してくれました。

月組 宝塚大劇場公演 千秋楽 『WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-』
『ピガール狂騒曲』

松本悠里さんの宝塚最後の舞台は『WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-』

まずは第一幕の和物のショーのダイジェストから。

初日のニュースで初舞台生の口上とその後の銀橋渡りは丸々放送されたので、今回の千秋楽では全部カットされてました。
でもその他の場面はまんべんなく取り入れられてて、初日の映像と合わせるとおおまかの場面は分かる感じでしょうか?

 

松本悠里さんの雪の場面は鳥居を伝いながら行く仕草がなんとも艶やかで愛らしくて、そこが入っていたのがよかったです。

カーテンコールでもたまきち(珠城りょう)が松本悠里さんと一緒の舞台を経験できてよかったと話していました。
大劇場の千秋楽が終わり、東京宝塚劇場を残すのみとなってしまいました。
寂しいです…

 

花の場面はれいこちゃん(月城かなと)とおだちん(風間柚乃)のシンクロが見事な場面ですが、千秋楽の映像では後半部分も入っていて、おだちんの早変わりの瞬間が見られました。

れいこちゃんの早変わりも流してほしかったのですが、それは残念ながら無しでした。

 

短いダイジェストでしたが、やっぱりあの主題歌は耳に残りますね〜
見終わると必ず「ウェルカム、ウェルカム、タカラヅカ」と口ずさんでしまいます(笑)

月城かなとは「次」に向けて準備万端『ピガール狂騒曲』

お芝居の冒頭、下手の花道でさくさく(美園さくら)演じるガブリエルとちなつちゃん(鳳月杏)演じるウィリーが言い合う場面から始まりました。

昨日ライブ配信で観ていて、この場面の二人のやり取りと表情がなんかいいな〜と思っていたので、カットされずに流れてよかった。

その後のピガールの街角でたまきち(珠城りょう)のジャックが出てきて歌う場面は、登場の瞬間がすごく良かったので、そこから流してほしかったな〜

月城かなとが魅力的

そして、れいこちゃん演じるシャルルの場面がけっこうたくさん流れたのが嬉しかったです。

Twitterで毎日話題になっていたロングトーンもバッチリ入ってました。
あれは最長何秒だったんでしょう?
千秋楽の回もかな〜り長かったですよね〜

終わったあとたまきち演じるジャックに、
「しつこいのは嫌いです」
と言われるのがおかしかったんですが、そこはカットされてました、残念。

それにしても、れいこちゃんって肺活量すごいんですね、びっくりしました。

 

今回のダイジェストでは、れいこちゃん演じるシャルルの場面が割と多かったように思います。

ムーラン・ルージュへの夢を語るシャルルを見てジャンヌが惹かれていくところもよく分かる映像でした。

ムーラン・ルージュの支配人であるシャルルがとても魅力ある人物なのがこのお芝居のいいところなんだと思います。

はじめは金儲け主義で上から目線の嫌な奴なのかと思ったら、
とても誠実で仲間思いで夢のある人でした。

そうでないとたまきち演じるジャンヌが好きになるわけはないのですが、
シャルルがとてもいい人物であるのがこの物語をきもちのいいお話にしているのではないかと思いました。

そして、そのシャルルをれいこちゃんがとても魅力的に演じていました。

元々お芝居の上手い人だと思っていましたが、
今回はとても自然で貫禄もあって、観ている間、主演のたまきちより下級生だというのを忘れてしまうほどでした。

少なくとも、月城かなと自身は、
月組の二番手として、「次」に向けた準備を万全に整えているように見えました。

たまきちの退団が迫る中、節目を迎えるのを寂しく感じています。
しかし、一方では次を担う世代への期待も膨らみます。

あー、これだから宝塚のファンは辞められません(笑)

まだ東京公演があるので、お芝居の後半部分はカットされていましたが、東京公演の千秋楽には最後の例の場面も流れるかな〜?
楽しみにしておきます。

カーテンコール

実際には何度も噛んで最初から言い直したりしてたたまきちのご挨拶は、うまい具合にカットされてました。
それもたまきちの人柄を表す要素だと思うのですが、まあ仕方ないですね、とちったところを流す必要はありませんからね(笑)

最初のご挨拶で「皆様も私達を照らしてくださる光」「次にお会いするときまで笑顔でいてください」という言葉がとても印象的でした。

ファンが自分たちのパワーの源だという気持ちがよく伝わる言葉だと思います。
誠実な人柄が表れているたまきちのご挨拶はいつも聞いていて気持ちが良いです。

さて、宝塚大劇場公演は終わってしまいました。
11月20日から東京宝塚劇場公演が始まります。
さらにパワーアップして進化したショーとお芝居を見せてくれるのを期待しています。

 

本日のタカラヅカニュース一覧

月組 宝塚大劇場公演 千秋楽 『WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-』
『ピガール狂騒曲』
New

SKY REPORT
宙組 宝塚大劇場公演 『アナスタシア』 稽古場レポートA

ときめき・MOMENT 花組 音くり寿・華優希 Part1

連想7 真風涼帆
New

連想7 真風涼帆

今週の連想7には大物登場です!
宙組トップスターの真風涼帆、ゆりかちゃんです。

ゆりかちゃんはABCの3つの中から最初のワードを選ぶ時、一応下の方を見てCの“食べ物”と言ってましたが、もうちょっと下を見た方がよかった、おしい(笑)

毎度のことですが、あれ、スタッフさんがCの時はこの辺を見てというように指示してあげるといいのになって思います。
どうでもいいことですが(笑)

食べ物

美味しい

幸せ

笑顔

仲間

とほとんど考え込まずに連想していきました。
連想する言葉も突拍子のないものはありませんでしたが、発想がゆりかちゃんらしい気がします。

最後のワードの選択肢は
A:お稽古場
B:お友達
です。

う〜ん、ゆりかちゃんならAの“お稽古場”かな〜
そんな気がします。

写真付きサイン入りカードの応募締め切りは11月5日です。

   

読んで頂き、ありがとうございました。

ブログランキングに登録しました。ポチして頂けるとうれしいです。

ポチの先はブログランキングなので、他の宝塚歌劇のブログをご覧になれます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 


宝塚歌劇団ランキング

>