星組礼真琴の『ロミオとジュリエット』が宝塚大劇場初日を迎えました!

礼真琴の『ロミオとジュリエット』が始まりました

バレンタインデーの今日、星組『ロミオとジュリエット』宝塚大劇場公演が初日を迎えました。
制作発表の映像を見たのがついこの間だったと思ったら、本当にあっという間に始まったな〜という思いです。

こっちゃん(礼真琴)にとっては3度目の『ロミジュリ』、ロミオ役も8年前の新人公演から2度目です。
これまでもこっちゃんのダンス、歌唱力、表現力には目を見張るものがありましたが、トップになって更に実力をつけたパフォーマンスに期待が膨らみます。

各キャストのスチール写真が出ましたね

主な役のキャストのスチール写真が公式サイトで出てました。
皆さん思い思いのポーズでキメて、カッコいいです。

Wキャストの役では、

愛ちゃん(愛月ひかる)とせおっち(瀬央ゆりあ)どちらもティボルトのスチールでした。

そして、死とマーキューシオを演じるぴーちゃん(天華えま)は死の役、ベンヴォーリオとパリス伯爵を演じるあかちゃん(綺城ひか理)はベンヴォーリオの役、マーキューシオとパリス伯爵を演じる慎くん(極美慎)はマーキューシオの役のスチールですね。

もう一つの役のビジュアルは舞台でしか見られないのかな〜?

パンフレットには載ってるのかもしれないけど、大劇場のチケットは買えなかったし、私はタカラヅカニュースで見るのを楽しみにすることにします。

宝塚歌劇 星組公演 ニコニコ貸切記念特番

紅ゆずるさんが『ロミジュリ』について語っていました

昨日ニコ生で宝塚歌劇 星組公演 ニコニコ貸切記念特番があり、ゲストに紅ゆずるさんが出ていました。

紅さんは初演でマーキューシオ役、2013年の大劇場公演でティボルトとベンヴォーリオの役替りでした。

そして、小池先生の演目の時は必ず代役稽古があって、2013年の時はロミオの代役稽古もやったので、頭がこんがらがって大変だったとか。

今回もたくさん役替りがあるので、それぞれのキャストは同じように大変なんだろうな〜と紅さんの話を聞いていて思いました。

そして、星組の組子やこっちゃんについて愛あるコメントをされていたのに感動しました。

ロミオとジュリエットの登場人物の名前についての豆知識

この番組には上智大学の東郷公德教授が出演され、シェイクスピアや『ロミオとジュリエット』の原作について詳しく解説して下さいました。

いろいろ勉強になりましたが、その中でも名前についての豆知識が楽しかったです。

ベンヴォーリオは“ベン”が“良い”で“ヴォーリオ”が“意思”で“良い意思”という意味だとか、ロミオは“巡礼”だとか、ジュリエットは7月31日生まれで“July”の最後というのが名前の由来だとか、いろいろ勉強になりました。

もっといろんな役名の由来を聞きたかったです。

ライブ配信が待ちきれない

この公演はありがたいことにA日程、B日程どちらともライブ配信があるのが嬉しいですね。

できれば劇場で生で観劇したいのですが、チケットが取れるかどうかかなり難しそうなので、両パターンともライブ配信で観るつもりでいます。

明日のタカラヅカニュースの初日映像が楽しみ♪

きっと明日のタカラヅカニュースで初日映像が流れると思うので、そちらも楽しみにしています。

楽しみと言えば、今日21時から礼真琴・舞空瞳のプレお披露目公演『ロックオペラ モーツァルト』の放送があるので、めちゃくちゃ楽しみです。

https://www.tca-pictures.net/skystage/Prgm/Detail/10744.html

  

読んで頂き、ありがとうございました。

ブログランキングに登録しました。ポチして頂けるとうれしいです。

ポチの先はブログランキングなので、他の宝塚歌劇のブログをご覧になれます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 


宝塚歌劇団ランキング