礼真琴から愛月ひかるに託された「星組パッション!」(『マノン』千秋楽)

南海キャンディーズの山ちゃんこと山里亮太さんが星組の『ロミジュリ』を観て以来宝塚に、とくに愛ちゃん(愛月ひかる)にハマっておられるのはヅカファンの間では有名です。
TBSのラジオ番組『たまむすび』に毎週火曜日にレギュラー出演されていて、その中で最近は毎回必ず宝塚や愛ちゃんについて熱く語っておられるのが、同じヅカファンとして嬉しい限りです。
今週の放送ではKAAT神奈川芸術劇場に『マノン』を観に行ったときの事を話されていて、すっごく面白かったです。
奥様の蒼井優さんと行かれたそうですが、愛ちゃんを目にすると山ちゃんも乙女になってしまうようです(笑)

星組 KAAT神奈川芸術劇場公演 『マノン』千秋楽

7月28日に千秋楽を迎えた星組『マノン』KAAT神奈川芸術劇場公演の様子が放送されました。

千秋楽ですので、お芝居では最後のシーン、マノンが息絶えた後に愛ちゃん演じるロドリゴも銃で撃たれて死んでしまうところまで流れました。

ロドリゴは最近愛ちゃんが演じた役にはなかった若くて純粋な青年ですが、自由奔放なマノンに翻弄されて堕ちていってしまう無垢な青年役をみずみずしく情熱的に演じきっていました。

カーテンコールではまず副組長の白妙なつさんがご挨拶され、この公演で退団する桃堂純くんを紹介しました。
ちょっと照れたような笑顔で何度もお辞儀をする桃ちゃん(桃堂純)が印象的でした。

愛月ひかる、19歳の役から107歳の役へ

なつさんから
「この純粋な青年が次回作ではなんとも普通の人間とは思えないような役で、その役の振り幅にこちらも戸惑ってしまいます」
と言われ、吹き出してしまった愛ちゃん(笑)
周りのあかちゃん(綺城ひか理)やくらっち(有沙瞳)も大笑いしてました。

「こんなに正統派な男役さんなのに、演じる役は多彩なタカラジェンヌ」
と紹介され、愛ちゃんのご挨拶に。

近年男役としていかに力まずに自然に存在するかということを追求してきたけれど、今回のロドリゴという役は真っ直ぐで危ない無鉄砲さを表現するために、毎日体当たりで演じてまいりました

「この役に巡り会え、男役としての初心に帰ることができました」

「ロドリゴとして情熱の赴くままに生きて、心と心がぶつかった瞬間に生まれる空気感を決して忘れることはありません」

とロドリゴという役について熱く語りました。

次のカーテンコールでは、先程なつさんから振られたのを受けてか
「次回の公演では107歳の役を演じます」
と切り出したので、周りの出演者も客席も大笑い。

「今19歳でやっておりまして、(次が)107歳なんですけれど」
と言うので客席から大きな拍手が…(笑)

「驚きなのが、これが最高齢ではないということなんですけれどね。ファンの方はご存知、348歳までやったことがございます!」
って。

はい、『不滅の棘』のエロール・マックスウェルですね。
あれも特殊な役でした。

「この公演でピチピチの19歳で活かした事を次回の107歳にしっかり活かしてまいれますよう、お稽古精進してまいります」

と言ってましたが、19歳の役を107歳に活かせるのでしょうか?(笑)
ちょっと疑問です(笑)

愛月ひかるも「星組パッション!」

次のカーテンコールでは

「星組といえば恒例の星組パッションがございます」

と切り出した愛ちゃん。

「こないだ礼真琴より『愛さん、是非千秋楽は星組パッションをやって下さい。礼にやらされたと言ってもいいのでやって下さい』と言付かりましたので、本日満を持してさせていただこうと思います」

と言うので、客席から大きな拍手!

念の為に「星組パッション!」の説明をしたんですが、横のあかちゃんとくらっちも愛ちゃんの説明に合わせて嬉しそうに動作してたのが可愛かった。

最後の「パッション!」のところで思い思いの動作をしてくださいと言う時には、あかちゃんは2パターンほどのポーズをやって見せてくれました。

そして、

愛「熱いぜ!」
全「星組〜!」
愛「燃えろ!」
全「星組〜!」
愛「進め!」
全「星組〜!」
愛「星組〜!」
「パッショ〜ン!!」

とやって、舞台上も客席も盛り上がり、

「こっちゃん、やったよ〜!」

と愛ちゃんはこっちゃんに呼びかけてました(笑)
そして、

「もう何も悔いはないです!」

と実に満足そうな愛ちゃんでした。

お芝居は悲劇で終わってしまいますが、フィナーレでの幸せそうな笑顔とともにカーテンコールでのこの幸せで温かい笑顔にほんわかとして、幕が下りました。

  

読んで頂き、ありがとうございました。

ブログランキングに登録しました。ポチして頂けるとうれしいです。

ポチの先はブログランキングなので、他の宝塚歌劇のブログをご覧になれます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 


宝塚歌劇団ランキング