望海風斗、最後の稽古場情報は爆笑ものでした

来年1月1日から始まる雪組大劇場公演の稽古場情報。
この公演はだいもん(望海風斗)の退団公演となりますので、だいもんの稽古場情報は今回で最後となってしまいますね。
寂しい(涙)

SKY REPORT 雪組 宝塚大劇場公演 『f f f -フォルティッシッシモ-』
『シルクロード~盗賊と宝石~』 稽古場情報

『f f f -フォルティッシッシモ-』稽古場情報

雪組組長のにわさん(奏乃はると)とだいもんは今回親子役ということで、にわさん発案で二人でベートーヴェンの顔入りTシャツを着ています。

余談ですが、だいもんは2年前に『パリ夢紀行』という番組でパリに旅行した時に靴屋さんで買ったブーツを履いています。
番組の中で、気に入ったけども結構悩んでブーツを買う様子が放送されたのですが、その時のブーツです。
他にも何かのレコーディングでも履いていたのを見かけたので、きっとかなりお気に入りなんでしょうね〜

お芝居の見どころ

お芝居の内容については、あまり多くは語れないと言いつつもちょこちょこ語ってくれました。

だいもんが演じるルートヴィヒは今まで演じた中で一番強い人だそうです。
不幸な境遇だけれど、そこから立ち直れる強さを持っていると。

そして、配役を見た時に一番謎だったきいちゃん(真彩希帆)演じる“謎の女”。

彼女の最後の方のセリフで霧が晴れたようになるというのがめちゃくちゃ気になります。
それは初めての感覚だったということですが、どんな感覚なんだろう?

上田久美子先生ならではのマジックなんでしょうね〜
最後のあれやこれやが二人にも予想が付かなかったとも言っていたので、
めちゃくちゃ楽しみです。

“悲劇”ではなく“喜ぶ劇”と書いて“喜劇”

朝日新聞のインタビューでだいもんが語っていましたが、今回のお芝居は『喜ぶ劇』と書いて『喜劇』という言葉がしっくりくるそう。
今まで雪組は悲劇が多かったですもんね〜

最初ベートーヴェンが主役と聞いて、今回もまた悲劇なのかな?と思ってましたが、どうやらそうではないようです。
だいもんの最後にそういうお芝居がきてよかったなと思います。

だいもんのインタビュー記事は会員登録したら無料で読めます。
その中でだいもんの「上田先生の脚本の想像力のすごさに言葉も出なかった」という言葉にさらに期待が高まりました!

『シルクロード~盗賊と宝石~』 稽古場情報

生田大和先生の初めてのショー作品。
先生からあまり中身について話さないようにと言われているそうで、ちょっと奥歯に物が挟まったような感じで話してくれました。(笑)

ラクダのイラスト

二人はベートーヴェンTシャツの上にラクダのイラストの紙を貼っていますww
これはシルクロードっぽいものということでラクダの絵を描いてみたそうで、にわさんのはあまりにもひどいので凪様(彩凪翔)に描いてもらったそう。

それが、凪様が「わたし下手やから描けません」と言うのを、だいもんが「翔ちゃんは大丈夫だよ〜」と励ますところからだったので、ものすごく時間がかかったとか(笑)
そのやり取りおかしすぎます〜

あーさ(朝美絢)にも描いてもらったけどなぜか頭にコブがあったとか、だいもんのは2回目に写真を見ながら描いたので上手く描けたとか、ラクダのイラストの話だけでかなり尺取ってました(笑)

ニヤリとしながら「画力が上がってきてます」とドヤるだいもんが可笑しかった〜
だいもんは“画伯”として有名ですからね〜(笑)

確かにこのラクダのイラストは割と上手です♪

この雪組の皆んなの楽しそうな様子をぜひのぞいてみたいです。

見どころは中詰め?

生田先生のこだわりのセットや衣装、そしてニュースにもなっていた菅野よう子さんの楽曲がすごいそうです。

そして、中詰めが豪華なんだそうで、居並ぶ姿がお正月にぴったりで、だいもんが「初詣に行かなくていいくらいめでたい」と言うと、にわさんも「人数も七福神より勝ってる」って(笑)

もうね、この二人の発想はどこまで面白いんでしょうか〜?
神がかってますね(爆)

お稽古は順調!

もうすでにフィナーレナンバーの振り付けまで済んでいて、「とても順調です。ご安心ください!」とのことです(笑)

そういえば、去年の『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』の時にも「台本は出来てます。心配しないで下さい」って言ってたと笑う二人(笑)

小池先生は遅筆で有名で、お稽古の初日に台本が出来上がってないことが多々あるそうなのでね〜
もしかして生田先生もお稽古が遅いことで有名なのかしら?

「皆さん、まだプロローグかしら?って心配なさってるかもしれないから」ってだいもんが言うのを聞いて、そう思っちゃいました〜

それにしても、ここでもこの二人のやり取りに吹き出してしまいました。
まったく演出家の先生方もこの二人には勝てませんね〜(笑)

ユニット名は『ffffffff』

この公演はだいもんをはじめとして8人の退団者がいますが、なんとその8人のユニット名があるそうです!

お芝居の『fff-フォルティッシッシモ-』にちなんで、8人で『ffffffff』ですって(笑)
「フォルティッシッシッシッシ」と数えながら言いかけて、途中で「もうわかんない」と諦めちゃうだいもんがめちゃ可愛かったです。

もう『F8』とか『フォルテ8』とかでいいんじゃないかな〜?(笑)

退団者の皆んなは「元気ですよ〜」とのことです。

凪様(彩凪翔)やきいちゃん(真彩希帆)、カリ(煌羽レオ)もいるので、きっとワイワイと楽しくやってるんだろうな〜
目に浮かぶようです。

退団同期って、これまでのOGによると退団後もずっと仲良くてLINEグループ作ったり、退団記念日に集まったり、一緒に観劇に行ったりするみたいです。

この8人もだいもんを中心にして、何かというと集まったりしそうです。
楽しそうだな〜(笑)

最後に

「お正月から身も心も軽くなって帰っていただけるよう頑張りますので、ぜひご期待下さい!」

と力強く言っただいもん。

いよいよ退団なんだな〜と思うと寂しい気持ちが湧き上がってきますが、上田久美子先生と生田大和先生の意欲作の二作品、楽しみしかないです。

それにしても、にわさんとだいもんの息ピッタリの稽古場情報、今回も大いに笑わせてもらいました〜
今回で最後なのはすっごく寂しいな〜

  

読んで頂き、ありがとうございました。

ブログランキングに登録しました。ポチして頂けるとうれしいです。

ポチの先はブログランキングなので、他の宝塚歌劇のブログをご覧になれます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 


宝塚歌劇団ランキング