宙組新トップコンビお披露目『ホテル スヴィッツラ ハウス 』はこんな作品

今日は4月10日に東京建物 Brillia HALLで初日を迎える宙組『ホテル スヴィッツラ ハウス 』の稽古場レポートです。

SKY REPORT
宙組 東京建物 Brillia HALL 公演 『ホテル スヴィッツラ ハウス 』稽古場レポート

稽古場レポート出演メンバー

出演メンバーはMCの宙組スカイレポーターズの瀬戸花まり、そしてエーリク・カウフマン役の瑠風輝と、チャールズ・パーカーとハロルド・ショーの2役の希峰かなたです。

もえこ(瑠風輝)は前回の『アナスタシア』ではアナスタシアの父親のニコライ皇帝という貫禄のある役でしたが、今回は24歳の政治ジャーナリストの役だそうです。

もえこもわんちゃん(希峰かなた)もぴったりな役と言われてましたが、どんな風にぴったりなのか気になるところです。

真風涼帆・潤花新トップコンビの役柄

ポスタービジュアルが公開された時に、三つ揃いのスーツにロングコートというあまりにもカッコいいビジュアルのゆりかちゃん(真風涼帆)が話題になってました。

そのゆりかちゃんの役は英国情報部の為にスパイキャッチャーとして働く外交官ということで、ハードボイルドな内容になりそうですが、じゅんはなちゃん(潤花)演じるバレリーナのニーナを守っている包容力がとても素敵なんだそう。

『アナスタシア』でもバレリーナの役をやっていたじゅんはなちゃんですが、ニーナという役もとっても美しいバレエのシーンがあるので、そこも見どころのようです。

もえこの萌えポイント

もえこ(瑠風輝)演じるエーリクはゆりかちゃん演じるロベルトとずっと一緒にいる役だそうで、ジャーナリストという仮面をかぶりながらロベルトと二人であちこち潜り込んで調査をするんだそう。

そんなできる男なエーリクだけど、遥羽ららちゃん演じるアルマに言い寄られたり、ロベルトからもっと女遊びをした方がいいとか言われてドギマギするところが萌えポイントwだとか。

せっちゃん(瀬戸花まり)がそのエーリクのものまねをして、「もえこさんの萌えポイント」って言ってました(笑)

そこはもえこファンは楽しみなところですね。

芹香斗亜の感動的な場面

2幕にキキちゃん(芹香斗亜)演じるヘルマンが歌うシーンがあるそうで、そこがものすごく感動的なんだそうです。

わんちゃんは毎回キキちゃんの歌を聴いて泣いてしまうとか。

音楽も素晴らしくキキちゃんの心情が現れる歌唱が感動を呼ぶらしいです。

最近とみに歌唱力に磨きがかかっているキキちゃん。

『アナスタシア』でのソロの場面も本当に聴き応えがあって素晴らしかったので、そんな話を聞くとすごく楽しみになってきますね〜

公演への期待

前娘役トップのまどかちゃん(星風まどか)が組替えして、今回がゆりかちゃんとじゅんはなちゃんの宙組新トップコンビとしてのお披露目公演です。

『THE男役』のゆりかちゃんとじゅんはなちゃんの素直なお芝居が相まってとっても素敵なコンビ感が出ているそうなので、二人のこれからに期待です。

植田景子先生のオリジナル作品でメッセージ性のある作品でもあるそうなので、そこも楽しみです。

この公演は4月10日(土)〜4月15日(木)に東京建物 Brillia HALLで、
5月1日(土)~5月7日(金)に梅田芸術劇場メインホールで上演されます。

 

本日のタカラヅカニュース一覧

SKY REPORT
宙組 東京建物 Brillia HALL 公演 『Hotel Svizra House ホテル スヴィッツラ ハウス』稽古場レポート
New

サヨナラインタビュー 雪組 朝澄希
New

美園さくら ミュージック・サロン 「FROM SAKURA」

TO THE NEXT TAKARAZUKA -挑戦しつづける宝塚歌劇-

スカナビTALK 花組
New

連想7
New

サヨナラインタビュー 雪組 朝澄希

現在公演中の『fff』『シルクロード』で退団する朝澄希くんのサヨナラインタビューです。

まれくん(朝澄希)は雪組101期、この春研7になる学年でこれからという時期の退団は惜しいですね。
168cmで今の男役としては小さいですが、美形で笑顔が爽やかなので、男役としての成長を見たかったです。

インタビューではこれまでの新人公演で演じた役について語り、最後は雪組の同期一人ひとりの名前を挙げて思い出や感謝の気持ちを吐露したのがじんときました。
千秋楽まで悔いなく宝塚人生を全うしてくださいね。

  

読んで頂き、ありがとうございました。

ブログランキングに登録しました。ポチして頂けるとうれしいです。

ポチの先はブログランキングなので、他の宝塚歌劇のブログをご覧になれます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 


宝塚歌劇団ランキング