縣千、1年7ヶ月ぶりの新人公演で主演ご挨拶(雪組宝塚大劇場新人公演『CITY HUNTER』)

8月31日(2021年)に雪組の宝塚大劇場での新人公演が上演されました。
そして、今日は宙組の東京宝塚劇場での新人公演も行われます。
どちらの組にとっても久しぶりの新人公演。

無事に上演できてよかったな〜とあらためて思いました。

雪組 宝塚大劇場 新人公演 『CITY HUNTER』

雪組の新人公演は『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』の東京での新人公演がコロナ禍で中止になってしまったので、1年7ヶ月ぶりです。

本来なら卒業となっている100期生も特別措置で出演しているので、長の希良々うみちゃんをはじめ眞ノ宮るいくんや星加梨杏くんなど本公演でも大きな役をやっている生徒たちが出ているのが印象的でした。

そんな中今回の主演の冴羽獠役は101期生のあがちん(縣千)です。

本公演での海坊主役も好評ですが端正な顔が見えないの残念。
そういった意味では新人公演の冴羽獠役はあがちんの魅力が満喫できますね。

タカラヅカニュースの映像を見ても172cmの長身が映えて、アクションもめちゃくちゃカッコいいです

カーテンコールでの縣千のご挨拶にジーン

新人公演長の希良々うみちゃんのご挨拶

「今巡ってくる役は今の自分を成長させてくれる役」

という言葉も心に残りました。
そして、あがちんの

「雪組の新人公演は『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』の東京から止まってしまい、その時のどうすることもできなかった悔しさ、楽しみに待って下さっていたお客様の事を思うと、あの日が忘れられない

と話しながらの辛そうな顔に胸が苦しくなりました。

当時は彼女たちの思いを聞く機会もありませんでしたが、今あらためてその時の気持ちを聞くと辛かっただろうな〜と思います。

今でもいつ中止になってもおかしくない状況です。
その中で「お客様に温かく見守っていただきながら無事に公演できた事は本当に嬉しかった」と話すあがちん。

後ろでそのあがちんを見つめながら目に涙を浮かべているミック・エンジェル役のあみちゃん(彩海せら)がずっと映っていましたが、新人公演メンバー皆んなが同じ思いだったろうなと思います。

そして、

「この時間をどう皆様に楽しんでいただこうかと考えながらお稽古を積んでまいりました」

「一人一人がヒーローでありヒロインであるこの作品、それぞれが与えていただいたものを大切に磨いて、東京の新人公演ではより輝きが増すよう精進してまいります

としっかりと話すあがちんがすごく頼もしかったです。

ずっと神妙な顔でご挨拶していたあがちんですが、

「お客様の笑い声、拍手、手拍子が本当に嬉しくてくすぐったい気持ちで、幸せな空間の舞台を務めさせていただけた」

と話す時はちょっと表情が緩んで、可愛い笑顔になってました。

最後は

「明後日からの本公演も火花を散らし合いながら、フルスロットルで駆け抜けてまいりたいと思います」

と力強く意気込みを語っていました。

これからの縣千に期待です

まだ研7ながら、今回も本公演で海坊主というメインの役を任されてポスターにも載っているあがちん。
すっかり雪組の中心メンバーです。

新人公演終演後の囲み取材でも、

「学年も上がって、自分のことだけ考えていられない」

と語り、本役の咲ちゃん(彩風咲奈)からは

「皆のことを信じて。私も(本公演で海坊主を演じる縣らを)信じてやっているから」

と主演の心構えも説かれ背を押されたと話していたそうです。

今回2度目の新人公演主演ですし、今年5月の朝美絢主演『ほんものの魔法使』での犬のモプシー役の好演も評判になりました。

そして、来年1月(2022年)にはバウホール公演『Sweet Little Rock ‘n’ Roll』での主演も決まっています。

そんな公演での活躍はもちろん、スカイステージの番組でもその明るいキャラクターで存在感を示していますね。
私の大好きな瀬奈じゅんさんが憧れの上級生だということで、私にとってもかなり前から気になる存在でした。

端正な顔立ちに172cmの長身で、ダイナミックなダンスに芝居心のある演技。
そんなあがちんのこれからに期待しています。

『CITY HUNTER』『Fire Fever!』は宝塚大劇場でも観劇しましたが、東京でも観る予定なので、あがちんにしっかり注目して観たいと思います!

  

読んで頂き、ありがとうございました。

ブログランキングに登録しました。ポチして頂けるとうれしいです。

ポチの先はブログランキングなので、他の宝塚歌劇のブログをご覧になれます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 


宝塚歌劇団ランキング