綺城ひか理の連想7、ロミジュリのさまざまな愛の形

昨日星組『ロミオとジュリエット』の無観客ライブ配信実施の発表がありました。

5月2日にB日程、5月9日にA日程と両日程ともライブ配信をしてくれるということに、劇団のファンへの愛を感じました。
感謝です!

連想7 星組 綺城ひか理

連想7に挑戦したのは星組の綺城ひか理、あかちゃんです。

あかちゃんはまずCの“動物”からスタートしました。

綺城ひか理の連想7一覧

動物



リラックス

音楽

ミュージカル

ロミオとジュリエット

ときて、7つ目は

A:パリス伯爵
B:愛

のうち、Bのでした。

ものすご〜く冷静な解説トーク

動物→猫

動物→猫については、あかちゃんは猫を飼っているので、予想通りです(笑)

あかちゃんの愛猫はベンガルのルイスくん。

以前『とび出せ!ワンにゃんパラダイス!!』に出演していました。

 


https://www.tca-pictures.net/skystage/Prgm/Detail/9514.html

猫→リラックス→音楽

愛猫と一緒にいるとリラックスするとなり、リラックスするには音楽が必要不可欠だとなったそうです。

注目はここからの展開です。

あかちゃんは次の次まで考えて、リラックス→音楽としたのでしょうか?

連想7ではたまにいきなり7つめの連想になって、「えっ、もう7つめ?」と慌てる人もいるのですが…笑

音楽→ミュージカル→『ロミオとジュリエット』

音楽→ミュージカルから、うまく『ロミオとジュリエット』にもっていきました。

すごいです。

いくつめの連想かを指を折ってカウントしながら、しっかりあるべきゴールに辿り着いてくれました。

『ロミオとジュリエット』の次は、作品はさまざまな愛を描いている『ロミオとジュリエット』ということで、最後は“愛”に落ち着きました。

一つずつ冷静に連想していき、うまくまとめたあかちゃん、さすがです!

連想にもキャラクターが出ます。

『ロミオとジュリエット』で描かれるさまざまな愛

最後の“愛”というワードから、『ロミオとジュリエット』で描かれているさまざまな愛について語ってくれました。

ロミオとジュリエットの愛
ロミオとマーキューシオとベンヴォーリオの友情という名の愛
親子の愛

そして、親子ではないけれど乳母からジュリエットへの愛

また、あかちゃんがAパターンで演じるパリス伯爵にも彼なりの愛があると話してくれました。

あかちゃんは言ってませんでしたが、ロレンス神父からロミオへの愛もあるでしょうし、ヴェローナ大公の甥マーキューシオへの愛もありますね。

ティボルトのジュリエットへの愛も忘れてはいけません!

愛ゆえに悲劇となってしまった『ロミオとジュリエット』ですが、たしかにたくさんの愛が描かれる物語なんですね。

『ロミオとジュリエット』を「愛」という視点で語ってくれたあかちゃんに感謝です。
様々な「愛」に注目して配信と観劇に臨みます。

  

読んで頂き、ありがとうございました。

ブログランキングに登録しました。ポチして頂けるとうれしいです。

ポチの先はブログランキングなので、他の宝塚歌劇のブログをご覧になれます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 


宝塚歌劇団ランキング