桜木みなとのお客様は憧れの姿月あさとさん『夢の音楽会』

OG

第一回が安蘭けいさんと和希そら、第二回が柚希礼音さんと暁千星、第三回が彩乃かなみさんと風間柚乃で放送されてきた『夢の音楽会』も今月第四回となりました。

各組の3番手男役がホストとして憧れのOGをゲストに招いてトークとデュエットをする番組ですが、今回は宙組のずんちゃん(桜木みなと)が姿月あさとさんを招きました。

姿月あさとさんは愛称が「ずんこさん」でしたので、ずんずんコンビでの『夢の音楽会』となりました。
今回も霞町音楽堂での収録でしたが、とても素敵なホールですね~

姿月あさと・桜木みなとのトーク

お互いの印象

桜木みなと→姿月あさと

ずんちゃん(桜木みなと)は小学校の時にはじめて宙組の『エリザベート』のビデオを見て、トート役の姿月あさとさんの歌声に魅了されて以来大ファンだったということです。

毎日学校に行く前に『エリザベート』のパレードを見て登校していたほど、大好きだったそう(笑)

その後は姿月さんが宙組トップスターに就任した『エクスカリバー』のビデオを見たりと、生での観劇はかなわなかったけれど映像で追っかけていた存在だったそうです。

宙組20周年のイベントでご一緒する機会はあったようですが、今回この番組に出演するにあたって、もう姿月さんしかいらっしゃらないと思ってゲストに選んだって。

小学校の時から憧れ続けた人にすぐそばで会えてもう嬉しくて仕方がないといった感じのずんちゃん。
スカイ・ステージの番組などではいつもキラキラの笑顔で本当に可愛いずんちゃんなのですが、この番組では緊張してるのか背筋がいつも以上にピンと伸びて下級生のようになっているのがさらに可愛かったです。

姿月あさと→桜木みなと

ずんちゃんが研14になったと聞いて「大きくなられましたね~」と姿月さん。

これまでずんちゃんが姿月さんと一緒に歌わせていただきたいと言っていたのをご存知だったようです。

「夢はかなうんですね~」という姿月さんの言葉に「わ~、はい」と喜んだずんちゃんが子どものようでした。

ずんちゃんから『エクスカリバー』の鹿と追いかけっこをする場面もよく見ていたという話を聞いて大笑いしつつ、この番組であの場面もやればよかったと言う姿月さん。
それでずんちゃんの緊張もほどけたようで、姿月さんさすがと思いました。

姿月あさと・桜木みなとのデュエット

今回ずんちゃんがデュエットに選んだ曲は宙組公演『エクスカリバー』より「未来へ」と『エリザベート』より「闇が広がる」でした。

「未来へ」(『エクスカリバー』より)

一曲目はトークの話題にも出た『エクスカリバー』の「未来へ」でした。

この曲は宙組発足の時の演目の主題歌ということもあって、これまでいろんな場面で歌われてきました。
メロディーラインも歌詞の内容も本当に「未来へ」という感じで希望を感じさせる曲ですよね~
宝塚の名曲の一つです。

コロナ禍になって宝塚の公演がストップしてしまった時に、大劇場にみんなで集まって歌うという企画がありYouTubeで配信もされましたが、その時にこの曲も選ばれましたね。

今回二人が歌うこの曲を聴いて、またあの時の感動もよみがえりつつ、あらためてやっぱりいい曲だな~と思いました。

歌い終わった後にずんちゃんが姿月さんに最後のロングトーンのコツを訊いたんですが、「息を吸えば」って姿月さん(笑)
うんまあ確かに(笑)

で、ずんちゃんがさらに
「姿月さんが息を吸われている同じタイミングで吸っても息が続かないです」
と言うと
「声を出しながら鼻で吸ってというテクニックはありますけれど」
という姿月さんの答えにずんちゃん驚いて固まってしまいました(笑)

本当に固まっていたので一瞬放送がバグったかと思いましたよ(爆)
確かに姿月さんの答えには私もびっくりでしたが…

「今度伝授していただきたいです!」と前のめりなずんちゃんに、今度は姿月さんが笑ってしまってました。

その後、今度は姿月さんから、リハーサルも含めて2,3回歌っていくうちにずんちゃんの歌がどんどん変化していくのが見えたというお褒めの言葉もありました。
それにものすごく嬉しそうなずんちゃん。

そして姿月さんから「また歌いましょう」と言ってもらって背が何cmも伸びるほど元気よく「お願いします!」と返事したずんちゃんでした。

「闇が広がる」(『エリザベート』より)

ずんちゃんはこの番組の企画を聞いた時にまずこの「闇が広がる」を姿月さんと歌いたいというのがまず先に来たそうです。

ずんちゃんは2016年の宙組『エリザベート』で役替わりですがルドルフ役をやっていますからね。

それ以来歌う機会はなかったそうですが、今回憧れの姿月さんトートと一緒に歌えて本当に幸せそうでした。

二人の歌う「闇が広がる」は本役として歌ったことがある二人ならではの「闇が広がる」でした。

この曲用に衣装を変えてきてはいましたが、実際のお衣装ではないし舞台セットもないけれど、『エリザベート』のお芝居の中での「闇が広がる」になっていました。

歌った後に姿月さんが言っていましたが、実際の手を引っ張り合う振りをしなくてもまるでやっているかのような空気感が素晴らしかったです。

番組の宣伝でこの曲を歌うというのを知ってすごく楽しみにしていたのですが、期待通りの「闇が広がる」で、聴けて本当に嬉しかったです。

とくにずんちゃん、6年前の公演の時よりさらに上手くなっていて聴きごたえがありました。

『エリザベート』の楽曲についていろんな人が感情がそのまま音符になっているので楽譜通りに歌うのが大切ということを言いますが、ここでも姿月さんがそういう話をしていたのも印象的でした。
感情が高ぶってくると変なところにアクセントが入ったりするので、冷静に客観的に見るもう一人の自分がいることが大切だという話に、なるほど~と納得でした。

この経験を通しての桜木みなとのこれからに期待です

この番組はホストのタカラジェンヌにとって夢の企画であるだけでなく、見ている私たちにとっても夢のような番組だと思います。

かつてのトップスターさんはOGになった今でも素晴らしいオーラを放っていますし、現役時代の歌を今あらためて聴くことができるというのも嬉しいことです。

そして、組の3番手男役として舞台上ではオラオラしているホストの男役たちが、憧れのOGを目の前にしてすっかり下級生の顔になっているのも可愛くてそれを見るのも楽しいです。

最後に「憧れの姿月さんと二曲歌わせていただきトークもさせていただいて感無量です。胸がいっぱいです」というずんちゃんの笑顔が本当に幸せそうで、見ているこちらも幸せになりました。

姿月さんから「歌を歌う時に音楽通りに表現すること、初心を忘れないということや、男役として舞台に立つ時に背中で語れる存在になれるように」といった言葉をもらったずんちゃん。

「今後の私の男役に活かして、自分のものにできるように頑張っていきたい」
と意気込んでいましたが、これからのずんちゃんに大いに期待しています。

次は花組のひとこちゃん(永久輝せあ)の番ですね。
誰をゲストに呼ぶのか、どんな曲を歌って歌ってくれるのかと、次もすごく楽しみになりました。

  

読んで頂き、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。ポチして頂けるとうれしいです。
ポチの先はブログランキングなので、他の宝塚歌劇のブログをご覧になれます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 


宝塚歌劇団ランキング