和海しょう・帆純まひろが語る『はいからさんが通る』のスクープ

昨日タカラヅカニュースで放送されたStage Side Watch花組公演 『はいからさんが通る』
冗談社の編集部員が取ってきたスクープのその2です。

Stage Side Watch
花組公演 『はいからさんが通る』 冗談社の記者たち Part2

女学生に訊いた結婚したい人ランキング

Part1の愛相良雄役のはなこ(一之瀬航季)に続いて、スクープネタを取ってきたのは辺面岩男役のホッティー(帆純まひろ)です。

ホッティーは女学生役の娘役たちに“結婚したい人ランキング”というアンケートを実施したそうです。

ルールは1位から3位まで選んでもらい、1位の人には3票、2位の人には2票、3位の人には1票を入れてもらう形で、それを集計したということです。

ランキング:1位〜3位

結果は

第1位    伊集院忍
第2位(同率) 青江冬星
第2位(同率) 鬼島森吾

と、ハイ、ここまでは鉄壁ですね。

伊集院忍は1位投票する人が多すぎたそうです(笑)

ここでホッティーが、華ちゃん(華優希)演じる紅緒の熱い長い長いコメントを紹介してくれました。
華ちゃんの少尉への熱い思いがこもっておりました。

それを聞いた古美売太役のしーちゃん(和海しょう)が「全然編集長の入るすきがないよね」とボソッと。

編集長には聞かせられないコメントなので、記事にはできないという結論になりました(笑)

ランキング:4位〜6位

第4位 花村政次郎
第5位 高屋敷要
第6位 田屋力三

となり、意外にも紅緒のお父さんが票を集め第4位になりました。
女学生たちが紅緒パパに恋をしているという結果に(笑)
3位に投票した女学生がいっぱいいたそうです。

そして、紅緒役の華ちゃんもお父さんに2票を投じたそうで、ここでも熱いコメントを寄せていました。

そして、第6位に歌手の田屋力三がランクインという驚きの結果は、愛蘭みこちゃんが「私は絶対田屋力三と結婚したい」と3票を投じたために生じたそうです。

「人それぞれだね〜」と3人で大笑いしておりました。
本当に…(笑)

番外編

集計は第6位まででしたが、番外編として紅緒さんの3位が紹介されました。

なんと冬星さんのお父さんの香月さんに1票投じたそうです

華ちゃんが投票したのは、1位が少尉、2位が自分のお父さん、そして3位が編集長のお父さんということで、編集長が全く入っていない!

編集長のお父さんに入れた理由が「息子のどんなわがままも許して可愛いと思う優しさが素敵だ」ということで、編集部員としては見逃せないと。

編集長もそういう面を持っているから、「私達編集部員を可愛いと思っている」というような台詞を入れれば、編集長も紅緒さんに振り向いてもらえるんじゃないかと話しておりました。

しかし、紅緒さんたら結婚式を挙げる寸前までいった編集長を結婚したい人ランキングに入れてないなんて、編集長可哀相過ぎますね〜

これは絶対に編集長には見せられない結果です。

ということで、ホッティーのスクープネタは記事には出来ないということになりました〜(爆)

それにしても、ホッティーのアイデア、すごく良かったです。

高屋敷要先生の私生活独占インタビュー

最後は古美売太役のしーちゃん(和海しょう)が取ってきたスクープネタです。
高屋敷先生に一番詳しいと思われるw永久輝せあさんに高屋敷要先生の私生活について訊いてきたそうです。

 

高屋敷は全く女の子に見向きもされず、それに比べて忍はずっとモテモテだった。

高屋敷が好きだった女の子が忍の事を好きだったという悲しい過去がある。

高屋敷も家柄は良いけれど、軍人の将来を捨てて作家になった。

兄弟は妹がいる(と思う)。

園遊会には、忍の愛するメッチェン(少女)である紅緒への興味だけで参加した。

女性たちには露骨に嫌がられるけれど、環さんだけは自分と話してくれる。
そして、環さんが好きな忍と紅緒が一緒にいるのを見て辛そうな環さんを慰めようと話しかけると、愛想笑いをされて全力で避けられてしまう。

環さんは鬼島を追っかけて満州へ行ってしまうけど、3年くらいで戻ってきて結局は自分と一緒になるのではと思っている。

執筆作業は、朝が弱く夜も弱い。いつも昼過ぎに起きてきてダラダラと取り掛かる感じ。
文章は天から降りてくると信じている。

 

などなどでした。

そして、最後に「ペンが進まなくて冗談社の皆さんごめんなさい(笑)」とあったそうです。

締め切りを守らなくて冗談社の皆さんに迷惑をかけているという自覚はあるようですね〜

でも最後に(笑)が付いているところを見ると、これからも締め切りは守らなそう(笑)

高屋敷先生に詳しい永久輝せあさんが語る裏話、というか裏設定、面白かったです。
いろいろ考えてるんですね〜
きっとこれ以外にももっといろいろ裏設定を考えているんでしょうね〜
他の人の裏設定も聞いてみたいと思いました。

冗談社の3人が面白い

2回にわたって放送された冗談社の編集部員トーク。
3人の関係性が垣間見えるコーナーとなってました。

落ち着いた喋りで皆んなの意見をまとめつつ、ボソッと突っ込む古美売太役のしーちゃん(和海しょう)

一人よく喋り、面白いアイデアを出しつつボケもかますやんちゃな感じの辺面岩男役のホッティー(帆純まひろ)

口数は少ないけれど時々コメントし、常にニコニコとあとの二人の意見を聞いている愛相良雄役のはなこ(一之瀬航季)

宝塚大劇場のライブ配信を観た時、この3人と編集長や紅緒とのやり取りがとても面白くて、この3人好きだな〜と思っておりました。

そして、このコーナーを見てから改めて公演を観ると、きっとまた面白さが倍増するだろうな〜と思います。

3人の魅力がさらに分かる楽しいコーナーでした!

   

読んで頂き、ありがとうございました。

ブログランキングに登録しました。ポチして頂けるとうれしいです。

ポチの先はブログランキングなので、他の宝塚歌劇のブログをご覧になれます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 


宝塚歌劇団ランキング

>