アドリブ祭りだった『シャーロック・ホームズ』『Delicieux!』宝塚大劇場公演千秋楽

昨日8月2日に宙組宝塚大劇場公演が千秋楽を迎えました。

今回退団者は花音舞(90期)、綾瀬あきな(91期)、美月悠(94期)、星月梨旺(94期)、七生眞希(95期)、里咲しぐれ(96期)、遥羽らら(98期)の7人です。

そして、この公演を最後に専科へ組替えする凛城きら(92期)と雪組へ組替えする和希そら(96期)にとっても宙組で大劇場の舞台を踏む最後の日でした。

宙組 宝塚大劇場公演 『シャーロック・ホームズ』『Delicieux!』千秋楽

この公演はお芝居の『シャーロック・ホームズ』もショーの『Delicieux!』も数多くのアドリブ場面があるようで、初日から毎日Twitter上で観劇された方がレポートを寄せられてました。

とくにゆりかちゃん(真風涼帆)演じるホームズが221bの部屋で「退屈だ〜」と言う場面で毎回違うアドリブを披露してくれるようで、そのネタとそれへのずんちゃん(桜木みなと)の対応が面白いようです。
そのレポートを見るのが毎日楽しみでした。

『シャーロック・ホームズ』でのアドリブ

千秋楽の真風ホームズの「退屈だ〜」のアドリブは、部屋にある地球儀をDJのように右手でスクラッチしながら「チェケチェケチェケチェケ、退屈だ〜」「チェケチェケチェケチェケ、千・秋・楽!」でした。

最後手を斜め上に挙げてポーズまでしてたので、客席大笑い、ワトスンのずんちゃんも新聞で顔を隠して震えてました。

その後もやめずに「チェケチェケチェケチェケ、おいなんとか言ってくれ」とワトスンに向かって言ったりして(笑)

221bの部屋には他にも使えそうな小道具がいっぱいあったので、それまでにも他にもいろいろ使ってやったのかな〜?

その後の遥羽ららちゃん演じるハドスン夫人もそれを受けてホームズの帽子を持ちながら「チェケチェケチェケチェケ」ってやったのがさすがでした。

ららちゃん退団してしまうの勿体ないな〜
東京で私が観る時はどんなアドリブをやってくれるか楽しみです〜

そして、ニュースでは残念ながら映らなかったのですが、墓場のシーンでのアドリブというのがあるそうです。
とくに千秋楽のゆりかちゃんの退団者へのアドリブが秀逸だったとか。

スコップで土を掘る真似をして、その土を退団者のさお(美月悠)りお(星月梨旺)まりな(七生眞希)の3人に甲子園の土のように渡し、3人はそれを大事そうに持ってはけたそうです。

宝塚大劇場の土を記念にというゆりかちゃんからの愛情アドリブなんですね〜

『Delicieux!』でのアドリブ

ショー『Delicieux!』ではキキちゃん(芹香斗亜)のマリー・アントワネットの場面でのアドリブが毎回面白いそう。

千秋楽ではキキトワネットが「始めましょう〜〜〜♪」と美声で歌い上げ、客席を煽って拍手を要求してました。

その後のそらくん(和希そら)扮するクレープ男爵が「クレ〜〜プ♪」とええ声で歌ったあと手をヒラヒラさせてお魚が泳ぐ振りをしながら「めで鯛!」とやり、それを受けてキキトワネットは同じように泳ぐ振りをして「ギョギョギョ」って(笑)
なんとも可愛いアドリブ合戦でした。

それ以外には若手男役たちのシーンでそらくんに皆んなで抱きついてワチャワチャやったり、黒燕尾の場面で男役同士が絡むところでずんちゃんがそらくんの耳元で何か囁やきそれにそらくんが答えたりと組替えのそらくんに対する愛あふれるアドリブもありました。

もう一つTwitterで話題になっていたのが、ターバンの場面でじゅんはなちゃん(潤花)が上手の花道で舞台のゆりかちゃんに向かって投げキッスをしたら、なんと照明さんがそれに合わせてピンクのハートを飛ばしてくれたそうです。
どうやら照明さんも協力してのアドリブだったんですね〜

タカラヅカニュースの映像ではじゅんはなちゃんの投げキッスは映っていましたが、ハートは端っこしか映ってなかったので、その話を見てなかったら分からなかったです。

カーテンコール退団者一言でも

恒例の退団者の一言のところでりおくん(星月梨旺)がホームズの「退屈だ、退屈だ、退屈だ〜!」にかけて「幸せだ、幸せだ、幸せだ〜!」と叫びました。

それを見てゆりかちゃん手を叩いて大喜び。

それを受けてさおくん(美月悠)は「なに叫びましょう?」と考えて「皆様!愛してま〜す!」と叫んだのでまたまたゆりかちゃんは大きな拍手をしてました。

キャノンさん(花音舞)はショーのゆりかちゃんの台詞にかけて「皆さんもジュテーム!」と客席に向かって叫びました。

そんな風にとっても明るくて楽しいカーテンコールでした。

「オリンピックに負けない、金メダルをいただけるように」

この公演は98期のららちゃんが最下級生なくらい退団者は上級生ばかりです。

そして、これまで組を支えてきたりんきらさん(凛城きら)とそらくんの二人が組替えでいなくなってしまいます。

東京公演の後には大切な仲間が9人もいなくなってしまうわけですが、終始笑いに包まれた千秋楽でしたね。

それでも、ゆりかちゃんが

「かけがえのない大切な仲間たちと共に公演できる日々は本当に幸せだと感じさせていただきました」

「東京公演もこの大切な仲間と共に、さらに精進していけるよう努めてまいります」

と「大切な仲間」という言葉を何度も言ったのを聞いて、やっぱり寂しい気持ちがあるんだろうな〜と感じました。

最後は

「私たち宙組生は東京公演でさらに成長した姿をお見せして、オリンピックに負けない、皆様から金メダルをいただけるように更に更に精進して頑張りたいと思います

と客席の笑いも取りながら意気込みを語って終わりました。

東京公演でもたくさんのアドリブが炸裂して、楽しい公演となることを期待しています。
観劇日が待ち遠しいです。

  

読んで頂き、ありがとうございました。

ブログランキングに登録しました。ポチして頂けるとうれしいです。

ポチの先はブログランキングなので、他の宝塚歌劇のブログをご覧になれます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 


宝塚歌劇団ランキング