朝月希和・彩みちる、ときめきで大盛り上がり(ときめき・Moment)

今週のタカラヅカニュースで、久しぶりにときめき・Momentのコーナーが放送されました。

ときめき・Moment 雪組 朝月希和・彩みちる

今回は雪組のひらめちゃん(朝月希和)とみちるちゃん(彩みちる)が登場です。

二人は色違いの総レースのワンピースを着ていて、ひらめちゃんが黄色、みちるちゃんが水色で、お揃いの服がとっても素敵です。

今までのこのコーナーのメンバーと同じく、娘役二人でキャイキャイやってるのを見てると、可愛いな〜とニマニマしちゃいます(笑)

ときめきが止まらない!

まずは2003年紫吹淳さん主演の『薔薇の封印』でひと盛り上がり(笑)

この作品、タカラジェンヌ、特に娘役さんは皆んな好きなようですね〜

残念ながらわたし、この作品をちゃんと全部見たことがありません(汗)

有名なシャンデリアのシーンはちょくちょくスカイステージで登場するので、知ってはいるのですが…

これだけ名前があがる作品なので、きっといっぱいときめきが詰まっているんでしょう。
今度スカイステージで放送があったら是非見たいと思います。

もう一つみちるちゃんがあげたのは轟悠さんがレット・バトラーをされた『風と共に去りぬ』で、みちるちゃんは風共がずっと大好きだそう。
「バトラー船長」と呼ぶところが風共好きを表しています(笑)

スカーレットのあの白い段々のレースに緑のリボンのドレスがすごく着たいそうです。
いつかみちるちゃんにスカーレット役をやらせてあげてほしいです。

二人で大盛り上がりしながらひらめちゃんの言った「ときめきが止まらない!」は娘役さん皆んなが思ってる言葉でしょうね〜

いや、私たちファンもです!

雪組あるある

日本物の話題になった時に出た雪組あるある話。

ひらめちゃんは花組から来たので、お稽古場で男役さんがお稽古用の袴や、新選組の段だら模様の羽織まで自分で持っているのに驚いたそう。

いや〜、確かにそれは雪組生だけでしょうね〜

娘役もお引きずりなど日本物で使う衣装をいつか使うだろうなと思って買い揃えていってしまうそうで、それは正に雪組あるあるだな〜と思って聞いていました。

反省とともにときめき!

お稽古場の話でもう一つ面白かったのが、ひらめちゃんが「本当にダメなんですけど」と言いながら話してくれたこと。

男役さんに腰に手を添えてもらって踊っている時にうっかりバランスを崩してしまった時に、男役さんが腰に添えている手にクッと力を入れて支えてくれた時に「反省とともにときめき」と二つの感情が来るって。

「は〜すみません。でもありがとうございます」って。

その後も二人で「ありがとうございます」ってお辞儀していました。可愛い(笑)

私アングルをお客様にお見せしたい!

2020年の全国ツアー『炎のボレロ』で、あーさ(朝美絢)の相手役だったみちるちゃん。

毎回毎回あーさ演じるジェラールの表情が違っていて、それを“私アングル”で見られるのが嬉しくてキュンキュンしていたって。

その“私アングル”を録画してどうにかお客様にお見せしたいほど素晴らしいそうです。

それは本当に羨ましいですよね〜

あのあーさの顔が目の前に迫ってくるなんて、相手役さんしか経験できませんもの。

それ以外にも今の公演の『f f f』で、ひらめちゃん演じるロールヘンがだいもん(望海風斗)演じるルートヴィヒにコートをかけてあげるシーンで、その時のだいもんの表情が母性本能くすぐるなんとも言えない表情で、それも“私アングル”でお客様にお見せしたいって。

ほんと、相手役さんアングルいいですね〜

今、宝塚のBlu-rayやDVDにはトップさんアングルってありますけど、それが相手役さんから見たアングルだともっとときめいちゃいますよね。

相手役さんにカメラが仕込んであって映してくれたらいいな〜
いつか実現できないでしょうか…

娘役二人のトークに同意しかない

毎回このコーナーに登場する娘役のトークに同意しかありません。

『え〜、そうなのかな〜?』とか『それは意外』とか思うことはほとんどなく、『うん、そうだよね〜』とか『なるほど、確かにね〜』とか思いながらいつも見ています。

そして、いつも思うことですが、娘役さんて私たちファンと同じ目線で男役さんを見ているんだな〜と。

これまでのこのコーナーを見て、より娘役さんたちに親近感を覚えました。

  

読んで頂き、ありがとうございました。

ブログランキングに登録しました。ポチして頂けるとうれしいです。

ポチの先はブログランキングなので、他の宝塚歌劇のブログをご覧になれます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 


宝塚歌劇団ランキング