美月悠、退団前に新コーナーに登場(極撰舞台)

今日は宙組東京宝塚劇場公演の一般前売りの日でした。
10時の発売開始の2時間前からスタンバイして、なんとか2公演分買えました。観劇日が楽しみです。

極撰舞台 宙組 美月悠

このコーナーも新コーナーで、テーマの漢字一文字から思い浮かぶ厳選した舞台シーンを熱く語るコーナーということです。
トップバッターに9月26日の東京宝塚劇場公演千秋楽に退団する宙組のちゃおくん(美月悠)が登場。

テーマの漢字と、そこから挙げた作品は

華 宙組公演『アナスタシア』
美 雪組公演『パッサージュ』
熱 宙組公演『Apasionado!!II』
涙 月組公演『桜嵐記』
輝 専科公演『パパ・アイ・ラブ・ユー』

轟悠さんの舞台

ちゃおくんの宝塚との出会いは轟悠さん主演の『猛き黄金の国/パッサージュ』をビデオで観てハマったところからのようです。

このコーナーでも宝塚をそして轟さんを好きになった作品として雪組公演『パッサージュ』を挙げました。
熱く熱く語っておりましたが、本当に轟さんが好きなんですね〜

そして、初めて轟さんと共演した作品として専科公演『パパ・アイ・ラブ・ユー』を挙げていました。
この作品は専科の轟さんと悠真倫さんの他は宙組生が出演したんでした。

宝塚に入るきっかけになった憧れの人と共演できるなんて素晴らしい経験でしたね〜
「今振り返って、舞台上がキラキラしていてとても眩しい公演だったと話していました。

宙組博多座公演『Apasionado!!II』

熱い舞台として大空祐飛さんのプレお披露目公演、博多座の『Apasionado!!II』を挙げました。
プロローグが特に好きだそうです。

『Apasionado!!』といえば私の中ではやっぱり瀬奈じゅんさんのイメージが強くて月組のショーという気持ちが強いです。

とは言うものの、実はこの博多座公演も生で観たので思い入れがあります。
プロローグで大空さんが客席に降りてこられた時はテンションが上がった覚えがあります。
あの公演にちゃおくんも出てたんですね〜

同期の珠城りょうの退団公演『桜嵐記』

ちゃおくんは94期なので、たまきち(珠城りょう)と同期です。

“涙”という漢字から浮かぶ作品としてたまきちの退団公演『桜嵐記』を挙げました。

ちゃおくんも先日観劇したそうで、とくに泣いたシーンが最後の方の楠木正成役のまゆぽん(輝月ゆうま)が花道で歌っている中たまきち演じる正行が舞台上で一人で戦っているシーン。

親子愛とまゆぽんの歌の素晴らしさと、そしてこの公演で退団する同期のたまきちを思って、親心で今までよく頑張ってきたなと涙が止まらなかったそうです。
私も観劇した時はあのシーンではいろんな思いが交錯して涙が止まりませんでした。
同期ならなおさらでしょうね〜

退団するたまきちの一番の見せ場であり、上田先生のたまきちへの愛情が詰まった素晴らしい場面でした。

退団公演でも存在感ありです

そのちゃおくんも現在公演中の宙組公演『シャーロック・ホームズ』『Délicieux!』で退団します。
上級生になって色の濃い重要な役をずっとやっているので、退団してしまうのはとても残念です。

『シャーロック・ホームズ』ではエヴァンズというモリアーティに仕事を依頼する政府の高官の役をやっています。
タカラヅカニュースの映像で見たところでも今回も存在感ある役のようでした。

最後に
「私にとって退団公演となる2作品も皆様の極撰舞台になるように頑張ります」
と意気込みを語って締めました。

東京で観るのを楽しみにしています!

  

読んで頂き、ありがとうございました。

ブログランキングに登録しました。ポチして頂けるとうれしいです。

ポチの先はブログランキングなので、他の宝塚歌劇のブログをご覧になれます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 


宝塚歌劇団ランキング