朝美絢、総太郎の裏設定が紹介された今週のタカラヅカニュース(5月16日から5月20日)

今週のタカラヅカニュースでは雪組のスカイ・ナビゲーターズの新しいコーナーが放送され、第一回目のゲストに朝美絢、あーさが呼ばれてオフの話から役に関する話まで楽しいトークが繰り広げられました。

今週のタカラヅカニュース(5月16日から5月20日)

日別・新着ニュース

5月16日(月)の新着ニュース

月組 舞浜アンフィシアター公演 初日 『Rain on Neptune』
コレなに? QUIZ 宙組 留依蒔世

5月17日(火)の新着ニュース

SKY REPORT 花組 宝塚大劇場公演 『巡礼の年』 『Fashionable Empire』 稽古場情報
マイプロフィール 月組 一乃凜・和真あさ乃

5月18日(水)の新着ニュース

スノートーーク!るいはともを呼ぶ 朝美絢 Part1
スカイ・レポーターズ History 第1期 雪組 麻愛めぐる・麻樹ゆめみ
マイプロフィール 月組 花妃舞音・涼宮蘭奈

5月19日(木)の新着ニュース

SKY REPORT 月組 舞浜アンフィシアター公演 『Rain on Neptune』 突撃レポート
スノートーーク!るいはともを呼ぶ 朝美絢 Part2
歌のチカラ 「自分を奮い立たせてくれる曲」 Part4
スカイ・レポーターズ History 第1期 星組 美稀千種・百花沙里
マイプロフィール 月組 澪あゆと・大瀬いぶき

5月20日(金)の新着ニュース

どっち?どっち?リターンズ 月組 英かおと
キャトルレーヴ東京店さんぽ
スカナビTALK 雪組
コレなに? QUIZ 宙組 留依蒔世

スノートーーク!るいはともを呼ぶ 朝美絢 Part2

雪組スカイ・ナビゲーターズのはいちゃん(眞ノ宮るい)とともかちゃん(希良々うみ)が組のスターをゲストに呼んでトークするコーナー。

第一回目のゲストはあーさ(朝美絢)で、Part1ではあーさのオフの魅力に迫りました。

朝美絢のプライベートの一端が見えました(スノートーーク!るいはともを呼ぶ)

Part2では『夢介千両みやげ』であーさ(朝美絢)が演じている総太郎さんの知られざる一面に迫ってくれました。

スカイ・ナビゲーターズの二人が考えた質問を総太郎さんへ投げかけましたが、あーさも総太郎になりきって答えていたのが面白くて。

お芝居中で「なんせこの顔この器量、モテてモテてしょうがない」って自分で言っちゃってる総太郎ですが、コンプレックスというか困ってる点は「モテすぎちゃうところ」だそうでw、「ちょっと見ただけで女の子が落ちちゃう」なんて言ってるのがほんとどうしようもない(笑)
まさにあーさにしか言えない台詞です(笑)
本当に総太郎はあーさにピッタリのお役ですね〜

あと気になったのは、お芝居の最後に結婚する野々花ひまりちゃん演じるお松とのこと。
生まれた赤ちゃんは女の子で、“おそめ”という名前だそうです。

実は赤ちゃんは男の子だと思っていたところ、最後の場面のお宮参りの産着を見たら赤だったので女の子だったんだってそこで気がついたって言ってました。
というか始まって2,3日は男の子だと思い込んでいたそう(笑)
そういうこともあるのね〜と笑っちゃいました。台本には明記されてなかったんですかね?

そして、“おそめ”という名前はお松のひまりちゃん(野々花ひまり)が考えたそうで、お松の“お”に総太郎の“そ”に夢介の“め”で“おそめ”なんだとか。

“お”は女性なら誰でも付くのにって3人で笑ってましたが、そういうところがひまりちゃんらしくて可愛いですね。

他にも総太郎としていろんな質問に答えていましたが、素に戻っちゃったところがありました。

春駒さん(愛すみれ)に柱にくくりつけられたまま盆が回ってセリ下がっていくところで、それまではお芝居でテンションが上がっていたのが奈落に着いた途端ふいに我に返って「はい、終わりました」ってなるそうで。
その言い方がかなり面白かったので、その場面を観る時に思い出して笑っちゃいそうです(笑)

Part1でのオフについてのトークも楽しかったですが、Part2の役として質問に答えるトークも面白いです。

そういえば月組の回もちなつちゃん(鳳月杏)が俊藤さんになりきってのトークでした。
これから次のゲストの時や他の組の回でもこういうトークがあると楽しいですね。

どっち?どっち?リターンズ 月組 英かおと

『どっち?どっち?リターンズ』の23人目として登場したのは月組の英かおと、うーちゃんです。

うーちゃんは99期生、研7の時に『 AM FROM AUSTRIA』で新人公演初主演を射止めました。
最近は小劇場公演で重要な役を任されて存在感が上がってきています。

このコーナーに出るということは、組の期待の若手ということなんだと思うので、これからますます大きな役が付いて活躍してくれるんだろうと期待が高まりました。

『スカイ・ステージ・トーク Dream Time』などの番組でも元気で明るいキャラで、見ているとこっちまで笑顔になっちゃううーちゃん。

『どっち?どっち?リターンズ』の答えでも「私の体はお肉でできている」とか「花火が大好きなので夏が好き」など、すご〜くキャラに合った答えが返ってきました。

その中で面白かったのが、「好きな食べ物はいつ食べる?」の質問。
「好きな物はちょうど真ん中に食べる」って(笑)

新しい答えが出ました!

最後のウインクは右も左もどっちもできるそうですが、今回はあえて右目でやってくれました。
バチンとウインクしながらバキューンという感じで指差しするというめちゃくちゃカッコいいウインクをキメてくれたうーちゃん

ウインクした後の顔がなんともイケメンな表情になってドキンとしちゃいました。
そこで私の中のうーちゃんは元気で明るくて可愛いというイメージから、キメキメのカッコいい男役さんのイメージにちょっと変化しました(笑)

今公演中の『Rain on Neptune』でも元気で明るい弟キャラのトレフル役を演じていますが、これからバリバリのカッコいい男の役もやってくれるといいな〜と思います。
これからのうーちゃんが楽しみです。

スカナビTALK 雪組

今週のスカイ・ナビゲーターズは雪組の眞ノ宮るい希良々うみです。

スカナビTALKは東京宝塚劇場公演が始まって10日くらい経った時の収録ということで、綾さん(綾凰華)の退団へのカウントダウンが始まって寂しいという話になりました。
ともかちゃん(希良々うみ)は『夢介千両みやげ』であやなちゃん(綾凰華)の悪七と夫婦の役で舞台上でもいちゃいちゃしているけれど、袖でも悪七とお滝(希良々うみ)としての会話をずっとしていて楽しんでいるんだそう。

そこへはいちゃん(眞ノ宮るい)が邪魔をしに入ったり、総太郎さん(朝美絢)とも絡んだりと舞台袖での様子もお見せしたいくらい楽しくやっているというのを教えてくれました。

そういう舞台袖での様子を聞かせてもらえるのもスカナビTALKの楽しいところです。
それももうすぐ退団するあやなちゃんに関する裏話はとくに嬉しいです。

そして、先日行われた新人公演。
二人は100期生で新人公演を卒業したので、はじめて客席から観たそうです。

自分たちがやっている公演を客観的に観ることってなかったので、今回すごく勉強になったとか。

自分の役がどういう立ち位置で、どんな風に主役の夢介に影響を与えているのか改めて見ることができたと話していました。

なるほど、新人公演って出演する新人公演メンバーにとっての勉強の場というだけでなく、新人公演を卒業した上級生たちにとっても、勉強になるということなんですね〜
その経験を本公演にも活かして頑張ってくださいね。

初日が遅れた分、千秋楽までより濃い舞台を届けてほしいと思います。
観劇する日が楽しみです。

マイプロフィール

マイプロフィール 月組106期 一乃凜

いちのりんです。愛称は『ちの』『いちのり』です。5月2日生まれ、神奈川県横浜市出身です」

2011年花組『ファントム』を観劇し、この感動を受ける側から送る側になりたいと宝塚を目指すようになったそうです。

「初観劇のあのお席にまであの日と同じ感動をお届けすることを目標とし、日々のお稽古、そして大好きな舞台に励んでまいります。今後ともどうぞよろしくお願いいたします」
と明るく話してくれました。

マイプロフィール 月組106期 和真あさ乃

かずまあさのです。愛称は『プク』です。5月28日生まれ、埼玉県さいたま市出身です」

月組公演『パリの空よりも高く』が初観劇で、その後月組公演『宝塚をどり』を観て自分もこの舞台に立ちたいと宝塚を目指したそうです。

「伝統ある大好きな月組の舞台で、キラキラと輝けるように頑張ります」
と爽やかに話してくれました。

マイプロフィール 月組106期 花妃舞音

はなひめまのんです。愛称は『まのん』と『ひめ』です。11月13日生まれ、秋田県秋田市出身です」

学校の友人が宝塚を観劇したのを聞いて自分も観劇してみたところ、娘役さんの姿に憧れて自分もそんな風になりたいと宝塚を目指したそうです。

「何事にも全力で取り組み、お客様の心に響く舞台をお届けできる娘役になれるよう頑張ります」
と元気に話してくれました。
研2で新人公演初ヒロインに抜擢されたまのんちゃん、これからの活躍も楽しみです。

マイプロフィール 月組106期 涼宮蘭奈

すずみやらんなです。愛称は『すずめ』と『めいめい』です。6月1日生まれ、静岡県掛川市出身です」

2013年花組公演『戦国BASARA』を観て、自分もこの世界を多くの人に知ってほしいと思ったのが宝塚を目指したきっかけだそうです。

「大好きで尊敬してやまない月組の上級生の方々から毎日たくさんのことを学び、舞台人として、そして人として立派に成長できるよう日々精進してまいります」
とはつらつとした口調で話してくれました。

マイプロフィール 月組106期 澪あゆと

みおあゆとです。愛称は『あゆり』です。11月28日生まれ、茨城県つくば市出身です」

2012年宙組公演『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』を観劇して魅了され、一幕が終わった時にはこの世界に入りたいと心に決めたそうです。

「これからも希望あふれる舞台をお届けし、皆様に私の新たな一面をお見せできるよう、自分自身をさらに磨いてまいります」
としっかりと話してくれました。

マイプロフィール 月組106期 大瀬いぶき

おおせいぶきです。愛称は『おーでぃー』です。4月27日生まれ、兵庫県神戸市出身です」

2013年星組公演『ロミオとジュリエット』を初めて観劇し、宝塚への憧れの気持ちと自分を変えたいという挑戦の気持ちで受験を決意したそうです。

「大好きなこの場所で男役として舞台人として人としても成長できるよう、尊敬する月組の上級生の方々のお背中を追いかけて、心を大切にまっすぐに舞台に向き合ってまいります。今後ともどうぞよろしくお願いします」
と初々しく話してくれました。

  

読んで頂き、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。ポチして頂けるとうれしいです。
ポチの先はブログランキングなので、他の宝塚歌劇のブログをご覧になれます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 


宝塚歌劇団ランキング