和希そらの男役&女役のこだわり(That’s Dandyism)

今日は月組TBS赤坂ACTシアター公演『ダル・レークの恋』の初日です。
れいこちゃん(月城かなと)のラッチマンがどんな風になっているのか楽しみです。

That’s Dandyism 宙組 和希そら

今回はそらくんが男役または女役としてのCOSTUME・ITEM・VOICE・DANCE・ACTIONについてのこだわりを語ってくれました。

現在公演中の『アナスタシア』では女役のそらくんですが、タカラジェンヌとしてどんなこだわりがあるのでしょうか〜?

服装はいつものそらくんらしく男の子っぽい格好ですが、真っ赤なネイルをしてメイクも女っぽい感じです。
以前に連想7に出た時と同じ格好ですので、同じ日に収録したと思われます。

『アナスタシア』のリリーのアクセサリー(COSTUMEのこだわり)

ネヴァクラブのシーンの衣装をパレードでも着ていて、本編中では額飾りがお衣装としてあるのですが、それをパレード用に自分で手作りしてみようと思ったそうです。

この話は先日の宝塚カフェブレイクでも話していましたが、娘役さんに教えてもらって夜な夜なチクチクと手作りしたそうです。

お衣装の物ほど豪華ではないですが、とても繊細なデザインで素敵な額飾りが出来ましたね〜
でも、相当大変だったようで、もうこれは最初で最後の作品になるとカフェブレでは話していました(笑)

普段男役なのでアクセサリーを作ったりしないのに、今回娘役さんと同じように作ってみようと思うところは、そらくんなりのこだわりですね〜

『アクアヴィーテ』のカフスとイヤーカフ(ITEMのこだわり)

今度は男役としてのアクセサリーのこだわりですね。

黒燕尾の時のカフスと、パレードの時のイヤーカフについてのこだわりを教えてくれました。

同じ黒燕尾でも『アクアヴィーテ』では少しくずした感じの黒燕尾だったので、それに合わせたカフスを選んだとか、パレードの衣装の色に合わせたイヤーカフを選んだとか、アクセサリーの選び方にもかなりこだわりがあるようです。

『壮麗亭』のイブラヒム(VOICEのこだわり)

若い時から晩年まで演じた役なので、声の変化にこだわったそうです。

『壮麗亭』は私も大好きな作品で、ライブ配信と先日スカイステージで放送されたのを見ました。

ここで改めて映像を見ると、確かに声の出し方にかなり違いがありますね。

「喉仏のどこをこすりながら声を出すか」と考えながら、自分の体の具合を感じながら変化をつけていったそうです。

確かにスレイマンとの出会いの場面は、普段のそらくんの声と比べてもかなり高い声です。
そういうところも考えながらまた改めて見ると面白そうですね〜

『黒い瞳』のトリオ(DANCEのこだわり)

この公演は私は見ていないので、ここでの映像を見るだけなのですが、ダンサーのそらくんを堪能できる役のようですね。

タカラヅカニュースの他のコーナーで、他の人が『黒い瞳』のトリオの3人のダンスがすごいと言っていました。

特にそらくんが3人の中心で踊っていて、ものすごい身体能力だな〜と感心する踊りです。

演出の謝珠栄先生から要求されるレベルがどんどん上がっていったそうで、「これはできる?」「練習します」という流れを何回も繰り返したとか。

そんな話を聞くと、そらくんのダンスを堪能するためにこの作品が見たくなりました。
次に放送があったら是非とも見ます。

『ヴァンパイア・サクセション』でのコーヒーの飲み方(ACTIONのこだわり)

『エリザベート』の黒天使と、もう一つこの『ヴァンパイア・サクセション』のランディという役でのこだわりを話してくれました。

面白かったのがそのランディがテイクアウトのコーヒーを飲むシーンでのこだわり。

そらくん自身が猫舌なので、ランディも猫舌だという設定にして、フーフーしながら飲んだり、口を付けた時にアチッとなったりとか、リアルだとどういう風な仕草になるのか考えながらお芝居をしたそう。

その話を聞きながらその場面を見ると、とても興味深かったです。
いつも何気なくお芝居を見ていますが、そういうこだわりを感じながら見るとさらに面白そうですね〜

和希そらのThat’s Dandyism

今回は女役での公演中だったので、ちょっとダンディズムという感じとは離れている気もしましたが、これからまた男役としてさらにカッコよくなってくれると思うので、今後の和希そらに期待大です。

まずは次のバウホール主演作品『夢千鳥』が楽しみです!

 

本日のタカラヅカニュース一覧

That’s Dandyism 宙組 和希そら
New

タカラヅカのミカタ! ~動画配信を学ぶぅ~ 宙組編 Part4

Colors of the Stage「紫」Part3
New

星組 宝塚大劇場公演 初日 『ロミオとジュリエット』

おたからプレイリスト Pick Up!

Shiny!! 星組 乙華菜乃
New

Shiny!! 星組106期 乙華菜乃

「おとかなのです。愛称は『なな』と『ななごん』です」

サインは同期に考えてもらったそうで、白鳥がモチーフになっているようです。
かなり白鳥のインパクトがあります。
今特に頑張っていることはお芝居だそうです。

「素直な心と宝塚が大好きという気持ちを忘れず、気品のある素敵な娘役になれるよう日々何事にも全力で頑張りますので、これからもよろしくお願いいたします!」と元気に話してくれました。

   

読んで頂き、ありがとうございました。

ブログランキングに登録しました。ポチして頂けるとうれしいです。

ポチの先はブログランキングなので、他の宝塚歌劇のブログをご覧になれます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 


宝塚歌劇団ランキング

>