星風まどか、宙組メンバーとのお仕事が終わり、いよいよ花組へ

今日のタカラヅカニュースで星風まどかミュージック・サロン 『夢みるMadonna』の映像が流れました。
本当なら25日、26日に第一ホテル東京でも開催される予定が、残念ながら中止となってしまいました。
そのため、4月6日〜8日に宝塚ホテルで開催されたものが放送されました。

星風まどか、宙組メンバーとミュージック・サロン

出演メンバー

まどかちゃん(星風まどか)は専科生としての出演ですが、他のメンバーは全員宙組の男役です。

まずはまどかちゃんと同期で100期生優希しおん琥南まこと、そして101期生鷹翔千空雪輝れんや

4人ともずっと宙組で苦楽を共にしてきた仲間ですね。

まどかちゃんにとって、このミュージック・サロンは宙組生と出演する最後のお仕事でした。

セットリストには宙組作品がたくさん

実際に観た方のレポートを見ると、セットリストは『ミュージカルナンバー』『アイドルナンバー』『タカラヅカナンバー』に分かれていたようです。

まずは『アナスタシア』

オープニングの『ミュージカルナンバー』には『アナスタシア』の『Journey to the Past』が入っていました。

この曲を歌うのは当然だと思いますが、オープニングに入っていたのは嬉しいですね〜
まどかちゃんといえばなんといっても『アナスタシア』です!

まどかちゃんの代表作といっても過言ではないですからね。

新人公演ヒロイン作品

まどかちゃんが新人公演でヒロイン役をやった『王家に捧ぐ歌』と『エリザベート』の曲を歌ってくれました。

『王家に捧ぐ歌』からは『月の満ちるころ』を同期のきよ(優希しおん)と、そして『エリザベート』からは『私が踊る時』をこってぃ(鷹翔千空)とデュエットしていましたが、『私が踊る時』が素晴らしかったです。

まどかちゃんは花組に行ってから『エリザベート』をやるのではという噂が立っていますが、本公演で是非聴いてみたいと思ったナンバーです。

ショー作品もたくさん

宙組のショー作品の主題歌もたくさん入っていました。

凰稀かなめさん時代の『PHOENIX宝塚!!』から最近の『アクアヴィーテ!!』まで、宙組の仲間たちとノリノリで歌うまどかちゃんが本当に楽しそうで、見ていてこっちまで嬉しくなっちゃいました。

初舞台作品『TAKARAZUKA 花詩集100!!』

宙組ショー作品の前には、100期の初舞台作品、月組の『TAKARAZUKA 花詩集100!!』を同期の2人と並んで歌いました。

MCではロケットの時の思い出話も出ました。

ロケットを揃えるための掛け声「はい100期!はい100期!小さな幸せあげる!あげない!ワ〜!花詩集!」というのを同期3人で披露してくれました。

息ピッタリで仲良し感満載ですっごく可愛い3人でした。

東京でも開催させてあげたかったです

気心のしれた宙組の同期の2人と一学年下の2人、この4人と本当に楽しそうに歌って踊るまどかちゃんを見ていて、これが宝塚ホテルでしかできなかったことが本当に残念です。

東京でもきっとファンの人たちが待っていたでしょうし、まどかちゃんたち出演者ももっと見てもらいたかっただろうな〜

中止になってしまったのは返す返すも残念です。

花組トップ娘役として頑張って!

ミュージックサロンでは花組作品の曲も

『タカラヅカナンバー』の最後は花組の作品『テンダー・グリーン』より名曲『心の翼』も歌ってくれました。

“花組の”というよりもう今では“宝塚の”名曲ですが、それでも花組の作品の曲が入っていることに演出の藤井大介先生からのまどかちゃんへのエールなんだろうなと思いました。

花組に行っても頑張れ〜とこの曲を聴きながら応援の気持ちが強くなりました。

花組の100期生が待ってますよ

花組でもたくさんの同期が活躍中です。

音くり寿
糸月雪羽
聖乃あすか
泉まいら
一之瀬航季
和礼彩

みんなきっとまどかちゃんの組替えを心待ちにしてるでしょう。

私も楽しみにしています♪

花組トップ娘役の星風まどかに期待しています

元々まどかちゃんは歌の人というわけではなかったと思いますが、『アナスタシア』からかなり歌が上手くなった印象です。

このミュージック・サロンの映像を見ていても、聴かせてくれるな〜と感心しました。

アイドルナンバーを見ていても、華やかさもすごくある人なので、きっと花組トップ娘役として存分に魅力を発揮してくれると思います。

これからのまどかちゃんに期待しています。

  

読んで頂き、ありがとうございました。

ブログランキングに登録しました。ポチして頂けるとうれしいです。

ポチの先はブログランキングなので、他の宝塚歌劇のブログをご覧になれます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 


宝塚歌劇団ランキング